1. TOPページ
  2. 年収1000万円

年収1000万円の薬剤師

平成18年度より、法の改正により、薬剤師の資格を取得するためには6年制の薬学部、薬科大学の卒業が必要となりました。それだけに、学費の負担が重くなりましたが、その分6年制卒の初任給は上がることが期待されています。6年制となって初めての国家試験が平成24年3月に行われ、2年ぶりに新卒の薬剤師が出ました。そのため民間各社は、初任給を高めに設定しているところが多いようです。

薬剤師の最近の平均年収は、男女合わせると約518万円です。男女別に見ると、男性が600万円弱、女性が470~490万円ほどとなっています。

けれども、薬剤師は、その業種や職位によっても年収がだいぶ変わってきます。薬局勤務の薬剤師の年収は、他の職種と比べて低くはありませんが、伸び率が少ないと言われています。薬局勤務の薬剤師は、首都圏よりも地方の方が高いようです。地方の薬局に勤める薬剤師の中には、年収1000万円を越える人もいるようです。薬局勤務よりも製薬会社などの一般企業の方が、生涯の年収は高くなります。年収1000万円を越えている人も多くいるようです。

製薬会社などに就職した場合、MR(メディカル・リプレゼンタティブ)という職があります。医薬情報担当者と呼ばれる職種で、医療機関をまわり営業活動を行ないます。自社の薬の営業活動、適正使用を推奨するための活動、商品に関する専門的な情報を提供します。このMRは、営業成績によって年収が変わってきますから、成績のいいMRは年収1000万円を越えている人もいます。大手製薬会社の中には、MRの平均年収が1100万円を越えているところもあるようです。

けれども、それだけ拘束時間が長く、きつい仕事内容となっているようです。このMRの就職には、薬剤師の資格は必須ではなく、他の理系出身者や文系出身者がほとんどで、薬剤師はわずか1割程度のようです。けれど、薬剤師として身に着けた知識や技術を生かして薬剤師を求めている企業もあるようです。特に、大学病院や大きな総合病院などの医師を相手に、医薬品の情報を提供する場合には、薬剤師の知識と経験が必要とされる場合が多いようです。

製薬会社に研究職として勤務し、新薬の開発、研究をしている薬剤師の中にも、年収1000万円を越える人もいます。製薬会社などの一般企業に勤めると、本来の薬剤師としての仕事内容とは離れるし、勤務時間も長くなることが予想されますが、高収入は期待できるということです。

薬局勤務の薬剤師として、年収1000万円を得ることができるのは、薬剤師の平均年収から見ても分かるようにごくわずかです。独立して薬局を開業して成功したり、大手薬局の管理薬剤師となり店舗管理まで任されるようになれば、年収1000万円を得られる可能性があります。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る