1. TOPページ
  2. 6年制給与

6年制の薬剤師給与

薬剤師の国家試験は、法の改正により平成18年春に入学する人から、6年制の薬学部を卒業しなければ受験資格が得られないことになりました。それまでの、4年制を卒業しただけでは、受験資格を得ることができず、4年制に進学した場合には、さらに大学院へ進学したうえで、必要な課程を修了しなければ受験資格が得られません。どちらにしても、これまでよりも学費が増えるということになります。6年制の私立大学薬学部の学費はおよそ1000万~1300万円かかりますから、それに見合った給与をもらわなくては、割に合わないと思うことでしょう。

薬剤師の給与はどれくらいなのでしょうか。総務省統計局の調査によるデータでは、薬剤師の平均給与は、男性が約40万円、年収580万円、女性は約35万円、年収500万円となっています。看護師や理学療法士と比較すると高いですが、同じ6年制大学の卒業が必須とされる医師と比べると、その平均給与額は半分以下となっています。

薬剤師は、職場や職種によっても給与がだいぶ違ってきます。製薬会社などの一般企業に就職し、研究職やMRとして働くと、年齢によっては1000万円を超える給与をもらっている薬剤師もいます。

6年制の薬学部を卒業し、薬剤師の国家試験に合格した人が最も多く就職するところは、薬局やドラッグストアです。ドラッグストアで勤務した場合の給与は、調剤薬局や病院薬剤師と比較すると高く、初任給は若干高い程度ですが、店長クラスになると700万~800万円ほどの年収があります。調剤薬局では、年収400~800万円ほどで、その薬局によって大きく変わってきます。大手調剤薬局に就職すると、比較的高い給与が見込めるようです。また、長年勤務し、管理薬剤師に昇進すると、700万~1000万円ほどの収入を得ることができます。

ただ、薬局勤務は、給与で頭打ちがあるため、給与アップを目指して独立をし、薬局を開業しようという人もいます。その場合には、成功すると年収1000万以上も可能になります。

給与が時給制となっている薬剤師の求人もあります。パート社員やアルバイトとして勤務する薬剤師は、時給制の場合が多いのです。アルバイトの時給としてもっとも高いと言われているのが、この薬剤師のアルバイトで、時給2000円くらいが平均的ですが、高いところだと4000円や5000円というところもあります。将来、主婦業との両立、子育てとの両立をして勤務するには、一般的なパートやアルバイトと比較しても桁違いに高い給与で、十分だと言えると思います。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る