1. TOPページ
  2. 6年制初任給

6年制の薬剤師初任給

薬剤師になるためには、薬剤師国家試験に合格する必要がありますが、その受験資格を得るには、法の改正により平成18年度より6年制の薬学部卒業が必要となりました。4年制の薬学部では薬剤師免許を取得できなくなったとは言え、完全になくなったわけではなく、基礎研究を重視したり、化学的知識を深く学んだり、実験技術を身につけ、特に研究分野で活躍する人材の育成を目指しています。

4年制への進学を選択する人は、4年制薬学部卒業後に、大学院の修士、または博士課程に進学してさらに薬学を深く学ぶとともに、薬剤師国家試験の受験資格を得る人が多いようです。薬剤師の受験資格を得るためには、修士課程終了後に国家試験に必要な科目の履修と共用試験の受験、実務実習などが必要となるため、薬剤師としての就職を目指す人は、6年制の薬学部への入学を選択する方が適しています。6年制では、薬剤師として医療現場で即戦力となるような人材を育成するために、実務実習を重視したり、薬剤師の免許を取得するためのカリキュラムに重きがおかれているのです。

6年制を卒業して免許取得後は、病院や診療所、調剤薬局、ドラッグストアが主な就職先となります。薬剤師として登録後の就職先の統計が、厚生労働省によって行われました。薬局やドラッグストアに就職する人は、全体の約半数、病院や診療所が2割弱、医薬品関連企業への就職が2割弱、その他に行政機関が数パーセントとなっています。

就職後の初任給は、他業種の平均と比較すると若干高いと言えると思います。ドラッグストアの初任給は中でも最も高く、薬剤師手当など込で月収25~35万円、年収で、350万円~450万円ほどが相場となっています。次に初任給が多いのは調剤薬局で、月収22万円~30万円、年収は350万円~400万円ほどです。調剤薬局では、特に地方において人手不足となっているため、給与は高くなる傾向にあるようです。次に病院や診療所に就職する薬剤師の初任給で、月収20~25万円、年収300万円~350万円ほどです。その薬局やその病院により、多少違ってくるでしょうが、だいたい初任給の高さの順位は、1番がドラッグストア、2番が調剤薬局、3番が病院薬剤師となっているようです。

6年制の薬学部を卒業して、製薬会社などの一般企業に就職する人もいます。製薬会社などに就職した場合の初任給は、だいたい月22万円前後、年収300万円ほどで、他の一般企業と同等がわずかに高めとなっています。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る