1. TOPページ
  2. 病院で採用

病院での薬剤師採用基準

病院で薬剤師を採用するには、それぞれの医療機関における採用基準があります。まずは何と言っても薬剤師免許を持っていること。当然ながら調剤業務は、薬剤師免許を持っていなければ携わることができません。また、医療機関によっては、大学修士課程の修了証明書や成績証明書などの書類が必要になることもあります。

病院での薬剤師募集は、大学院やハローワークだけに掲載されるようなイメージもありますが、実際は求人情報雑誌や新聞広告・薬剤師専門の転職サービスにも掲載されています。それほど全体的な人手不足を招いているということですが、その中でも転職サービスを利用する人が多いということから、医療機関側としても優先して求人情報を転職サービスへ掲載しています。

ハローワークは国の機関であることから信頼性が高いですが、薬剤師の求人情報のみを掲載しているわけではありません。そのためその医療機関がどのようなものか。どのような環境の職場となるのかは、公開されている求人票には記載されていないのです。また、職員が実際に医療機関へ調査に行っているわけではないので、詳細な勤務条件を把握しているわけでもありません。公助秩序に反することのない求人を紹介するということで、掲載依頼のあった求人情報を掲載しているだけなのです。職員が問い合わせをしてくれますが、それでも紙面以上のことは知ることができません。

薬剤師の仕事は薬を調合することですが、病院に勤務する場合は、調合した薬を患者に渡して服薬指導することだけではありません。病院で薬剤師として採用された場合は、生理食塩水と注射剤を調合した点滴剤を作ったり、経口栄養食のパックを調合する業務もあります。入院患者の薬の管理もプラスされるので、一見薬の調合だけでのんびりとした環境のような気もしますが、運営する医療機関の規模によっては忙しく動き回るようなところもあります。

薬剤師は1日のうち調剤室にいる時間が長く、ほとんど毎日同じメンバーで勤務に当たることになります。そのため人間関係や職場の環境が原因で転職する人も多く、勤務条件以外にも環境のマッチングが問われる職業です。薬剤師専門の転職サービスでは、薬剤師ひとりひとりの希望に沿った条件で病院を紹介してもらうことができるので、遠慮することなく自分の希望を伝えるようにしましょう。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る