1. TOPページ
  2. 国立病院で採用

国立病院機構の薬剤師採用基準は?

国立病院機構は、厚生労働省管轄の独立行政法人です。つまり国立病院機構に勤務する場合は、国家公務員の基準に相当するわけです。国立病院機構と聞くとピンこないかもしれませんが、がんセンターや医療センターという名称が付けられているものです。またはその地域の都道府県や市町村の地名が含まれたもので、各都道府県に2軒~3軒程度存在しています。

よく間違われる医療機関に日本赤十字病院があります。国立病院機構と同じように認可法人が経営しているものですが、日本赤十字病院は日本赤十字社の運営によるものなので、国家公務員には該当しません。そのため国家公務員となるためには、国立病院機構に転職すれば良いわけです。国立病院機構の薬剤師採用基準には、薬剤師免許以外にも年齢による資格条件や書類審査・面接・小論文などの選考審査があります。

中国・四国ブロック、近畿ブロックというように、採用された場合はその地方の地域ブロックの中で転勤や配属が決まります。そのため地域外へ転勤することはありませんが、場合によっては3年~5年周期で配属先が変わることもあります。薬剤師は看護師のように診療科があるわけではないので、転勤して職場がまったく違うということはありませんが、循環器病研究センターや精神医療センターなどのように専門分野の医療機関へ転勤する可能性があります。

「国家公務員になる国立病院機構なら、求人情報はハローワークにしか掲載されていないの?」と思うかもしれませんが、薬剤師専門の転職サービスにも求人情報はあります。国立病院機構で働くにはもちろん採用基準に合格する必要がありますが、国立病院機構の院外調剤薬局の場合は、この採用基準には当てはまりません。国立病院機構専門の調剤薬局扱いとなりますが、国立病院機構の職員になるわけではないので、院外調剤薬局の職員となるわけです。

待遇は調剤薬局によっても違いますが、院外調剤薬局の場合は、国立病院機構の外来診療時間にのみ営業することになるので、夜勤などのシフトが組まれることはありません。院内の調剤薬局で勤務する場合は、病院の基準に従うことになるので、夜勤を含むシフト調整で土日祝日などの勤務もあります。どちらの募集になるのか薬局の運営形態によるので、薬剤師専門の転職サービスで確認して下さい。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る