1. TOPページ
  2. 年収

薬剤師の年収

薬剤師の年収は、年齢・性別・勤続年数・勤務先によって、それぞれ異なっています。「薬剤師」と聞くと、就職に有利・いくらでも就職先がありそう・食いっぱぐれない、といったイメージがあるのですが、実際にはそうした想像よりも厳しい現実があるようです。

薬剤師の平均的な年収をみてみると、20代など若いうちは比較的、周囲と同レベルの年収が期待でき、40代を最後に昇給などもほぼなくなっており、逆にその後は年収も下がっていく一方なのがわかります。薬剤師の年収について、よく言われるのが「学費がかかったわりに年収は良くない」という事です。薬科大学が6年制になったことで単純に学費も増額しています。学費および生活費を考えると、たいていの薬科大学では2000万円程度かかると言われています。学費のかかり具合と比較するのが正しいかどうかはわかりませんが、薬剤師の年収が、そのイメージとはかけ離れているという事だけは周知の事実のようです。

とは言え、若い世代であれば、普通のOLや一般的な会社員と比べて、それほど悪い年収とは言い切れないのも事実です。ただ、やはり40代以降については頭打ち状態となっていますので、転職を考える人が急増するようです。40代以降というと、ちょうど子供が成長し大学へ進むなどお金のかかる時期になってくるはずです。そうした時期に年収が頭打ちとなって、以降は下がっていくともなると、転職を考えずにはいられないのかもしれません。

ただ、薬剤師全体の問題として、40代以降が年収が下がっていく傾向がありますので、年収アップをかなえる転職というのは自力ではなかなか難しいとも言えます。ですが、絶対に無理というわけではありません。マイナビ薬剤師やDODA薬剤師のような、薬剤師専門の転職エージェントには、高待遇の非常に良い案件が多数保管されています。ですから、こうした転職エージェントを利用しての転職であれば、高待遇・好条件の職場を見つける事も可能となるのです。もちろん希望条件の「年収アップ」も十分に可能となります。勤続年数も長くなり、知識も経験も豊富な年代になって年収が下がっていくのは、少々耐え難いものがあります。

転職エージェントを利用して、今より高待遇で、そして何よりもその経験を高く買ってくれる、納得のいく職場を見つけ出しましょう。年収がアップすれば心もお財布も満足でき、定年まで継続して勤務ができそうだと言えます。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る