1. TOPページ
  2. CROの薬剤師の業務内容

CROの薬剤師の業務内容

薬剤師さんがCRO(コントラクト・リサーチ・オーガニゼーション)関連の企業で働く場合、どのような業務内容になるのでしょうか。CRO関連企業は、製薬会社より臨床開発業務を委託され、代行しています。ですからCRO業界に転職した薬剤師さんは、臨床開発の代行業務を行うことになります。

臨床開発業務のアウトソーシングの方法には二つあります。一つは、CRO企業に全てアウトソーシングをし、全ての臨床開発業務をCRO企業内で一貫して受託するという方法です。二つ目は、依頼してきた製薬会社の開発室に臨床開発担当スタッフをCROから派遣し、人材をアウトソーシングで確保するものの、臨床開発業務は製薬会社内でおこなうという方法です。

臨床開発業務をアウトソーシングする製薬会社は、経営方針やコスト削減、効率化などの理由でCRO企業に業務受託をします。発注内容や受託方法、範囲も企業や案件によってことなってきます。全ての業務を一貫して受託する場合もあれば、開発規模によってCRO人材派遣のみの場合もあります。企業秘密の保持の観点から製薬会社内への人材派遣にとどめるという場合もあります。

CROの業務内容は、まず臨床試験の設計書であるプロトコルを作成します。そして臨床データの収集、モニタリング、収集したデータのチェック業務をおこないます。CROが受託する業務の中で最も多いのがモニタリング業務になります。受託業務のおよそ50%ともいわれています。またおよそ25%がデータ分析とデータマネージメント業務いわれています。臨床試験に協力してもらう医師とのやり取り、臨床試験後の新薬申請の手続きなどを代行する場合があります。

新薬の開発にともなう臨床試験に関わる仕事ですから、薬剤師さんとしてもやりがいのある仕事といえるでしょう。調剤薬局での患者さん一人一人への処方せんの調剤や服薬指導とはことなるやりがいといえます。人間関係も、同僚、製薬企業の方々、協力する病院の医師など、複雑ですから、コミュニケーション能力が必要となります。

CRO関連企業への転職をお考えの薬剤師さんへ、薬剤師専門の転職サイトを利用するのがおすすめです。CRO業界の求人情報をまとめて効率的に閲覧出来るのはもちろん、CRO業界の転職事情についての情報収集も効率的にすることが出来るでしょう。あなたにはどのようなCRO企業がマッチしているのか、転職のプロにあなた自身の適正やキャリアプランを見てもらいましょう。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る