1. TOPページ
  2. CROへの転職のポイント

CROへの転職のポイント

医薬品の開発に関心のある方、開発の現場で仕事をしてみたいという方のなかには、CROへの転職をお考えの方が多いと思います。CROでは、さまざまな職種のスタッフが、自分の持っているスキルを活かして活躍しています。CROへの転職のポイントは、自分の持つスキルを再確認し、CROのなかでどういった分野で働きたいのかを明確にすることが重要となります。

CROへの転職で多いのが、薬剤師や看護師、臨床検査技師、MRなど、医療系の資格や経験をお持ちの方。医薬品開発の現場においては、医学や薬学の知識、臨床経験やコミュニケーションスキルなどは必須ですから、そうした知識と経験をお持ちの方には最適の転職先だと思います。なかでも適していると思われるのは、CROの中心的な職務でもあるモニタリング担当(CRA)。CRAとは、臨床試験を実施する医療施設に赴き、GCP省令やプロトコルを遵守して試験が実施されているかどうかを確認し、保証するのがその業務となります。CRAには、薬学医学の知識が求められることはもちろん、多くのスタッフと試験を推進していくために、高いコミュヌケーション能力が求められます。治験全般にわたりモニタリングする業務となりますので、さまざまな経験を積むことができるのが魅力です。また経験を積むことにより、プロジェクトリーダー(PJ)というキャリアパスもありますので、将来へ向けてキャリアアップを目指すこともできます。薬剤師や看護師などの資格をお持ちの方は、その経験を活かしてCRAとなり、PROへの転職に挑戦してみてはいかがでしょうか。

スキルアップやキャリアアップを活かして、CRO間での転職を望まれる方も多いと思います。さまざまな職場環境を体験したい、外資から内資へ、より大きい企業へなど、その事情はさまざまだと思いますが、転職を成功させるには、目的を明確にもつことが大切です。収入アップを望むのか、職種を変えたいのか、時間的な余裕を優先させたいのか。ご自分のライフスタイルを再確認して、ワークライフバランスを考慮のうえ、最適の職種や就職先を選択するようにしてください。

CROに転職する際に必要なスキルとしては、医学薬学系の知識を求められることはもちろんですが、高いコミュニケーション能力を求められることが多いようです。これは製薬会社や医療機関などのさまざまな職場で、多くの人々と関わりながら職務を遂行させていく職業であるためです。高いポテンシャルとモチベーション、そしてやる気や協調性、積極性などをアピールして、CROへの転職を成功させてください。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る