1. TOPページ
  2. 現状

薬剤師の現状

薬剤師の現状は、供給に対し需要が大きく上回っており、完全な人材不足であると言えます。こうした背景には、近年深刻化しつつある高齢化社会があります。高齢者の数が非常に増えており、医療の充実さえ危惧されつつある今、同時に薬剤師の数が圧倒的に足りなくなっているのです。

本来、薬剤師が一日に受付を行う事のできる処方箋の枚数には「40枚まで」という規定があります。しかし、この高齢化社会によって、実際の処方箋受付の数が40枚をいとも簡単に上回ってしまっているのです。ですから、その分、薬剤師を増やさなくてはならないといった現状があるのです。

以前と比べて薬剤師の人材不足が顕著になり始めたのには、医薬分業といったきっかけがありました。高齢化社会の深刻化と共に、国民全体で負担している医療費がさらに増大していく事が懸念され、その一端となっている薬剤の過剰処方を防ぐために、医薬分業が推進されました。そのために、病院で処方される場合の処方箋料が約5倍になるなどされ、現在のような院外処方が浸透したのです。現時点での院外処方の利用率は50パーセントを超えるほどになり、日本における医薬分業も当たり前のようになってきました。

薬剤師の育成についても、近年、大きな改正が行われました。これまでは薬剤師になるための大学、薬科大学は4年制でしたが、最近、6年制へと移行したのです。これは、医療の進歩と共に、病院などにおける薬剤師の位置付けが変わりつつある事も意味しています。

これまでは医師や看護師の指示に従い、薬剤を処方するといったものでしたが、現代における薬剤師は、医師や看護師と共に医療チームの一員として活躍するようになってきています。病棟などに配置されたり、手術前には患者のもとへ行き薬剤に関する説明や服薬指導を行うなど、積極的に患者と関わるといった姿勢に変わってきています。こうした事などから、これまでよりももっと高い知識と提案力は必要とされる事から、薬科大学は6年制へと変わったとしています。医師が医学部で6年間勉強をするのと同じく、薬剤師にもそれだけの専門性が求められているといった証と言えます。

薬剤師の現状は、このようにニーズが高まっており、なおかつその能力は高度化されつつあります。転職においても、簡単にはいかなくなりつつあると言えます。ですから、転職を考えるなら、やはりプロの力を最大限に生かした、マイナビ薬剤師のような転職エージェントに任せるのがスムーズと言えます。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る