1. TOPページ
  2. DI業務とは

薬剤師のDI業務とは

DI業務の「DI」とは、「Drug Infomation」の略です。つまり薬剤管理業務と呼ばれる仕事で、主に薬に関する情報提供をします。製薬会社が発表する、新薬やジェネリック医薬品は数多くあり、それらの医薬品の情報は数多くあります。また、医薬品などに関する情報は、国内外の研究機関や厚生労働省、医療従事者から毎日のように日々新しく更新され、それらの最新の情報を収集して、分類、整理をしたものを提供する必要があります。収集したそれらの情報を評価し、保管することもDIとして重要な業務の一つです。保管しているそれらの膨大な情報を、要求に応じて取り出し、正しく伝えなければならないからです。

情報提供をする相手は、医師、薬剤師など、医療従事者や、薬を服用する一般の人に対しても、安全な情報や最新の正しい医薬品情報をアドバイスします。患者さんに、安全で有効的に医薬品を使ってもらうためには重要な情報で、質問に応じて、整理した情報から必要な情報を取り出し、的確に答える必要があります。

医療施設においては、医薬品に関する新しい情報で、重要なもの、緊急性のあるものは、直ちに院内に伝達することもDI業務の仕事の一つです。医薬品に関する情報、医薬品の効果や副作用、取り扱いなどに関するの情報は、とても膨大な量になるため、医療関係者であってもそれら全てを頭に入れておく事は難しいのです。ですから、それらの情報を管理し、提供してくれるDIは、薬剤管理指導を行う上でも非常に重要なのです。

製薬企業での勤務では、DI業務を担当して、一般患者やMRに医療用医薬品、OTC医薬品、ジェネリック医薬品の情報を提供します。文献を検索したり、電話で問い合わせるなどをして、情報を集めたり、資料作成を行います。製薬会社では、問い合わせ窓口やお客様相談室などでの応対を行うという業務が多いです。ですから、薬剤に関する知識の他に、コミュニケーション能力も必要とする仕事になります。

DI業務に就く人材は、薬剤師免許の所有を求められることが多いのです。他には、看護師免許を所有する人、認定MR資格を保有する人も、その持っている知識を活かせる業務となります。調剤業務経験、DI業務経験、PC操作能力も求められることも多いでしょう。

医薬品に関するより正確な知識を伝達するという重要な役割を果たすDI業務は、満足感を得られるやりがいのある仕事です。そして、日々の業務の積み重ねで、更に充実した知識と経験を得ることができ、薬剤師としてスキルアップにも繋がります。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る