1. TOPページ
  2. 調剤薬局

調剤薬局の薬剤師について

薬剤師の職場としてあげられる主な場所というと、病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社などの一般企業などがあります。中でも薬剤師さんのいる職場というと調剤薬局を浮かべるという方も多いのではないかと思います。ここでは薬剤師の就業先の代表ともいえる調剤薬局での薬剤師さんついてお話ししてみたいと思います。

調剤薬局の薬剤師の仕事というと、病院での医師の診察によって発行され、患者さんが持ってくる処方せんに基づいての薬の調合があります。まずはその処方に間違いがないか、病院医師の処方せんであっても薬剤師の目線で再度チェックをします。薬の処方に間違いは許されません。もし間違えば命に関わることもありますし、薬治療に効果が現れないからです。医師の処方、薬剤師の確認と二重にチェックをすることで万全な体制をしいています。確認のあとは、薬の調剤作業になります。製薬会社の錠剤の場合は服用回数に応じて準備します。調剤の必要な粉薬などは正確な計量と封入作業をします。よく1日食後3回を7日分という処方があるように、患者さんによって処方は様々ですから間違いのないように計算します。薬剤師は数学を毎日しているような感じで、かけ算、足し算など計算が必要な仕事といえるでしょう。

次に処方せんの通りに調剤された薬を患者に渡します。このとき服用のタイミングや方法、塗り薬等の場合は使用方法などを丁寧にわかりやすく説明します。患者さんに服用方法を理解してもらい正しく服用してもらうことで初めて薬の効果が出て治療になるというものです。どんなに良薬を正確に調剤しても患者さんの協力がなければ病気の回復にはつながりませんから。このときただ正確にわかりやすく伝えるというだけではなく、患者さんに安心して服用してもらえるように指導します。ですから調剤薬局の薬剤師さんには、薬の専門知識や正確な調剤技術に加えて、コミュニケーション能力の高さ、カウンセリングスキルが必要となります。

その他に、ありとあらゆる薬を多くの患者さんひとりひとり用に調剤する訳ですから、薬の管理と患者さんの処方記録のデータベースを管理するのも薬剤師の仕事になります。薬の専門知識、正確な調剤、患者さんへの服薬指導、管理能力と本当に幅広い専門スキルの求められる仕事ですね。調剤薬局で薬剤師として働きたいという薬剤師の方は、薬剤師専門の転職サイトを利用しましょう。求人検索、転職相談、面接、転職成立までプロのスタッフに無料でサポートしてもらえます。

<調剤薬局薬剤師関連コンテンツ>
年収 退職金 調剤報酬 転職 業界動向 医薬分業

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る