1. TOPページ
  2. 調剤薬局での業務

調剤薬局での薬剤師の業務

薬剤師の職場というとまず思い浮かぶのが調剤薬局という方も多いのではないでしょうか。調剤薬局の薬剤師さんの業務はどのようなものなのでしょうか。まず、患者さんが病院から処方されて持参する処方せんの調剤業務があります。ただ処方せん通りに調剤するのではなく、処方せんの内容があっているのか確認した後、調剤作業に入ります。

薬は基本的には製薬会社が製造するものですから、錠剤等、処方せんに基づいて数量を準備します。調剤薬局で常備している薬の種類には限りがあります。病院からの処方によっては、調剤薬局にはない薬を必要とする場合が出てきます。その際は、製薬会社へ注文をし1日程度患者さんへ待ってもらった後、渡します。こうした、薬の発注も薬剤師の業務となります。また常備する数百種類の管理も薬剤師の業務となります。医薬の専門知識の他に、管理能力も求められるのが調剤薬局薬剤師の仕事です。

患者さんの処方せんに間違いがないのか、飲み合わせの悪い内容ではないのかチェック出来るスキルも必要です。人の口に入る薬です、医師の処方は正しいとは思いますが、念には念を入れて確認できるようでなければなりません。それが調剤薬局の質を高め、薬剤師さんの評価にもつながります。そして、調剤作業に入る訳です。調剤は正確な数量を準備しなければなりませんから、計算、計量など数字を伴う細やかな業務となります。薬剤師は数字に強く、細かい作業をこなせる人に向いている仕事といえます。

調剤した薬を患者さんへ服用指導をしながら渡します。各患者さんの立場になって、正しくそして安心して服用できるようにアドバイスします。薬剤師さんに通ずるような、患者さんがほっとできて元気がでるような、コミュニュケーションスキルが求められます。そして調剤薬局としてお客様へのホスピタリティ的な接客スキルも求められます。患者さま=お客様への対応は直接、調剤薬局の評判につながりますから、調剤薬局において薬剤師の接客は大切な業務となります。

調剤薬局への転職をお考えの薬剤師の方へ、有効的な活動手段として薬剤師専門の転職支援サイトのご利用をおすすめします。全国の豊富な最新求人情報を気軽に検索、閲覧できるほか、薬剤師転職のプロに転職の相談をすることができます。また一般公開される事のない貴重な非公開求人からの紹介を受けられます。調剤薬局といえど詳細な職場状況や条件は案件毎にことなりますから、プロのサポートを受けながらあなたにマッチした求人を見つけることをおすすめします。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る