1. TOPページ
  2. 調剤薬局のやりがい

調剤薬局の薬剤師のやりがい

調剤薬局で日々働く薬剤師さんは、どんな事にやりがいを感じているのでしょうか。まずは、調剤薬局は1日に非常に多くの患者さんが処方せんを持ってやって来ます。当たり前の事ですが、ひとりひとりすべて異なる処方せんになります。そのひとつひとつに対応、正確に処方する。薬剤師として毎日多くの調剤をすることができる。それは、薬剤師としての技術を磨く事につながります。日々進化する医薬に対応しながら、調剤する事にやりがいを感じているという方は多いようです。

大抵の調剤薬局は多くの方が訪れますからフル稼働というケースが多いようです。ですから、来店する患者さんの数だけ、医薬調剤の技術で治療を助けているという使命感がやりがいになっているという声も聞きます。確かに、医師の診療や処置だけではなく、薬を服用することも含めて、患者さんの治療なわけですから、「薬で治療する。」という事は薬剤師のやりがいの根底にあるものですね。自分が調剤した薬を服用して病気が良くなった患者さんからお礼を言われた時、達成感、充実感と調剤薬剤師としてのやりがいを感じる瞬間だといいます。こうした経験を数多くできるのが調剤薬局の薬剤師です。薬によって患者さんを救い、患者さんの感謝によって薬剤師が救われるという好循環がフル回転しているような職場ですね。

調剤薬局では、常備数百種類の薬が製薬会社より調達されています。処方せんによっては常備していない薬の場合があります。こうしたときには製薬会社に手配をかけます。常備薬の在庫管理、発注業務なども薬剤師が管理する調剤薬局は多いようです。近隣の病院の診療科目、内科、耳鼻咽喉科などの種類によって薬の消費数量に特徴があらわれるでしょう。そうした薬の在庫推移にも目を配ることが調剤薬局の経営状態につながり、結果として薬剤師さん自身の職務評価にもつながります。

やはりやりがいを感じるのは、調剤薬局でのフル稼働の調剤業務、薬の管理、患者さんへの対応や患者さんからの評判が、職務評価につながったときでしょう。わかりやすくいえば、給与アップや昇級につながった時です。やりがいを感じ、キャリアアップ出来るということは、あなたがその調剤薬局にマッチした人材であるということがいえるでしょう。あなたの希望に、そして適した調剤薬局に出会えるように、薬剤師転職サイトの利用をおすすめします。薬剤師転職のプロがあなたにマッチした調剤薬局選びをサポートしてくれるでしょう。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る