1. TOPページ
  2. 調剤薬局薬剤師の志望動機

調剤薬局の薬剤師求人の志望動機

調剤薬局で働きたい、または現在、調剤薬局で働いている薬剤師さんはどんな志望動機から調剤薬局勤務を希望したのでしょうか。まずは、薬剤師として数多くの患者さんの薬剤治療に携わることが出来るという理由があるようです。これは薬剤師の根幹ともいえる、薬を処方することで患者さんを回復させるという事にあります。これはシンプルですが、直接、薬を患者さんに手渡すことで手応えも直接感じられる仕事です。病気が解放に向かった患者さんに直接お礼を言われたときには、「薬剤師をやっていてよかった。」と感じるそうです。

調剤薬局には1日に多くの患者さんが処方せんを持って来ますから、その処方せん毎、一件一件に正確に対応してゆきます。多くの案件に対応する事で薬剤師としての実戦経験を集中して積む事が出来ることも志望動機としてよく耳にします。ただ処方せん通りに薬を調剤するのではなく、医師からの処方せんを再度間違いがないか、この患者さんに適合している内容なのかチェックします。過去の服用データのある患者さんに対しては、副作用や過去の処方データなどを確認しします。

調剤した薬を患者さんへ服薬指導をして渡します。服用方法、塗り薬などの使用方法をつたえます。患者さんが理解できるということ、安心して服用できるということが、薬剤治療では大切なポイントです。お客様でもある患者さんへのコミュニュケーションと、服薬指導というアドバイザー、カウンセラーとしての役目が、薬剤師の仕事の幅となり、充実感になっているという声もききます。直接、患者さんの反応を得られるという事が何よりも大きな手応えとなっているようです。

また調剤薬局も一企業ですから、経営者との意思疎通、すなわち経営理念や将来の展望に共鳴できるというのが、各調剤薬局を選ぶ志望動機になるようです。たしかに雇用する経営者と考え方が合わなければ、いくら好きな薬剤師の仕事とはいえ継続することはできません。経営理念や方向性に共感できれば、その調剤薬局でのキャリアアップもスムーズにゆきます。転職する調剤薬局との出会い、相性が大切です。

調剤薬局への転職をお考えの薬剤師さんは、薬剤師専門の転職サイトを利用すると良いでしょう。無料で転職カウンセリングを受ける事が出来ますから、ご自身の調剤薬局への志望動機等を整理し考える良い機会となるでしょう。求人情報選びから応募、面接、転職まで充実した転職活動をおくることが出来るでしょう。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る