1. TOPページ
  2. 大阪の調剤薬局

大阪の調剤薬局の薬剤師求人・募集について

大阪で調剤薬局の薬剤師求人を探す場合、その求人状況はどのようになっているのでしょうか。平成20年の大阪府の薬剤師人数は、23,288人でした。そのうち薬局に従事している薬剤師の人数は、10,084人と全体の43%を占めていました。大阪の薬剤師の就業先では薬局が最も高い占有率となっています。しかし全国では薬局従事者は50.6%ですし、それ以上の占有率の地域もありますから、そこと比べると低い比率という事になります。

薬局従事者の比率が最も高いとはいえ、大阪などの大都市圏では他の地域と比べて薬局従事者の比率が低い傾向にあります。より大都市である東京では薬局従事者の比率は38%とさらに低くなっています。確かに薬剤師人数における比率を見てゆくと薬局従事者比率は低いかもしれませんが、大都市圏ですから薬局従事者の人数は多いのです。薬局業態は近年進化しており拡大傾向にありますから、大阪においても薬局の薬剤師雇用ニーズは充分にあるといえるでしょう。

調剤薬局は近年業態を変化させる傾向にあります。ドラッグストアの台頭により消費者の薬局に求めるニーズに変化があらわれているのです。ドラッグストアときくと有名ドラッグストアチェーンの名前がいくつか浮かびませんか。商店街の中にはいくつかのドラッグストアチェーンが乱立していますし、郊外の大型ショッピングセンターには必ずといっていいほどドラッグストアがあります。近年ドラッグストアでは調剤室を設置し処方せんの調剤業務をおこなう店舗がでてきました。これに対し調剤薬局側も薬以外の日用品の販売をする店舗が増えてきています。

薬局は、現在大きな業態改革の路線にあるのです。大阪などの都市部では、地方の先頭を切るべく調剤薬局の新業態が登場する事が予想されますし、薬剤師の雇用ニーズが高まる事が予想されます。ドラッグストアでも業務を拡大し、調剤業務を置き、店舗の規模も大規模なものが増えていますから一店舗あたりの薬剤師医を増員する店舗も増えるでしょう。こうした店舗では人の入れ替わりもありますから、随時薬剤師が流動している状況にあります。

大阪で調剤薬局の転職をお探しの方は、薬剤師専門の転職サイトに登録する事をおすすめします。最新の大阪の調剤薬局求人を一度に沢山閲覧する事が出来ます。多くの最新求人の中からマッチする求人を選べますから有効的です。求人の紹介や応募にあたっては薬剤師転職のプロが専任で担当しますので安心です。大阪の調剤薬局の採用傾向や求人動向などを聞く事ができます。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る