1. TOPページ
  2. ドラッグストア薬剤師の志望動機

ドラッグストアの薬剤師の志望動機

ドラッグストアの薬剤師求人に志望する動機としてはどのような事があるのでしょうか。薬剤師といっても、ドラッグストアは薬の他に化粧品、日用雑貨、場合によっては食材までその取り扱い商財が幅広い事が特徴です。毎日多くのお客様が来店にその対応に追われます。ドラッグストアを選ぶ薬剤師さんは、販売接客が好きまたは得意という方が多いかと思います。

ドラッグストアの薬剤師はお客様へOTC(Over The Counter Drug = 一般医薬品)のカウンセリングと販売はもちろんですが、その他のあらゆる商品を接客販売します。レジ業務や商品在庫の管理、売り上げ管理もおこないますから、いわゆる店舗の仕事になります。店頭で毎日お客様に接客することが楽しいと感じられる仕事をしたいと応募する方がいるようです。

また就業時間はシフトによりますし、営業時間と前後する開店準備や閉店後の片付け時間の範囲内です。あまり多くの残業もなく、時間が読めるという事も志望動機になっているようです。シフト勤務ですから、次月の予定が決まります。店舗によりますが、ある程度は自分の予定に合わせてシフトを組めるようです。店舗ですから、一般企業のサラリーマンのように土日祝日休みというわけにはゆきませんが、土日休みにこだわりがなければ、定期的に休め勤務日が決まっていますから、ある意味規則的に働けるのではないでしょうか。

フルタイムではなく、空いた時間に働けるパートタイム就労でドラッグストアを志望する薬剤師さんもいます。ちょっと空いた時間に働けて、しかも高時給ですから希望者は結構いるようです。派遣会社に登録して週に2~3日という働き方も可能です。雇用するドラッグストア側としても、パートタイム、アルバイト、派遣の薬剤師さんを活用する事によって人件費を必要最低限におさえることができますから、積極的に採用している先も結構あるようです。

ドラッグストアでの就業を希望する薬剤師さんは、薬剤師専門の転職サイトを利用するとよいでしょう。簡単に無料登録するだけで、転職相談、転職先の紹介を無料で受ける事が出来ます。ドラッグストアにしぼって、あなたの希望する就業条件の先を探す事が出来ます。ドラッグストアでの薬剤師採用傾向や、仕事の内容、職場の雰囲気等、専任のキャリアコンサルタントが詳細に把握していますから頼りになります。気になったドラッグストアに前もって職場見学ができ、職場の雰囲気や同僚になるかもしれないスタッフから話がきけるという事もあるようです。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

▲このページの先頭へ戻る