1. TOPページ
  2. 東京のドラッグストア

東京のドラッグストアの薬剤師求人・募集を探す!

東京のドラッグストアへ転職を考えている薬剤師さんにとって、求人事情は気になるところですね。東京都内のドラッグストアというと、繁華街にある大手ドラッグストアチェーンが浮かぶという方は多いのではないでしょうか。JRや私鉄沿線の商店街にはその他多くのドラッグストアが軒を連ねています。現在ドラッグストアの数は増加の一途をたどっています。

東京で働く薬剤師さんのうち、最も多いのがドラッグストアなどを含む薬局に従事する薬剤師さんです。平成20年の薬剤調査によれば、東京都の薬剤師数は、42,535人でした。そのうち薬局の従事者は、18,072人にも及んでおり、東京の薬剤師のおよそ38%の比率を占めています。3人に1人以上の薬剤師さんが薬局勤務ということになります。ドラッグストアはもう飽和かと思いますが、業態は進化し、増加の傾向にあるといえます。

ドラッグストアなどの薬局を開設するには、必ず薬剤師をおかなければ開設出来ないと薬事法で定められています。ですからドラッグストアでは薬剤師は必要不可欠な存在という事になります。ドラッグストアというと、薬というイメージよりも化粧品や日用品が多種多様な品揃えで、しかもリーズナブルな価格で販売されているというイメージではありませんか。東京の主要な駅では、ビルの数フロアーをこうしたドラッグストアチェーンが占有し大々的に売り場展開を繰り広げています。薬局から派生して現在では、ドラッグストアというマーケットを確立しているといえるでしょう。

こうしたドラッグストアは更なるお客様のニーズの掘り起こしをねらい、品揃えの拡充や営業時間の延長、調剤業務や漢方薬の取扱い、その他もろもろのサービスの追加などを試みています。そうなると、売り場面積の拡大、店舗数の増加などに伴って増々薬剤師の数が必要となっているのです。一店舗あたりの薬剤数もシフトを組む為には必要です。夜間専従薬剤師などという派遣やアルバイトの求人もあり、働き方もいろいろと選べる時代になりました。

東京のドラッグストアに転職を考える薬剤師の方は、薬剤師専門の転職サイトのご利用をおすすめします。求人数の多い東京では、求人の多い分どれを選べば良いのかという問題が生じています。また人気求人には応募が集中します。的確に自分に合った求人を選ぶということが、効率的かつ有効的な転職方法です。薬剤師専門の転職サイトでは、専任の転職コンサルタントが的確な求人選びをお手伝いします。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

▲このページの先頭へ戻る