1. TOPページ
  2. ドラッグストアの離職率

ドラッグストアで働く薬剤師の離職率について

ドラッグストアの薬剤師の離職率は比較的高い傾向にあるといえます。薬剤師とはいえ、ドラッグストアは店舗業務です、新規出店による人事異動や他のスタッフの退職に伴う配置替えなどがありますから、状況によっては自身が退職を選ぶということもあります。この辺りは、一般的な店舗の離職状況に類似しているといえるのかもしれません。しかし離職率が高くのなるのには、薬剤師という資格が影響しているといえます。将来的に薬剤師過剰が予測されるとはいえ、まだまだ薬剤師は他の職種に比べて転職がしやすい状況にあります。

職場の事情、家庭の事情、結婚によるパートナーの転勤先に同行、出産、育児など離職の理由は様々です。しかし再就職先を比較的見つけやすいことから、離職に踏み切る方が多いのです。薬剤師さんは再就職したとしても、他の職種よりも高収入が約束知れていますから安心です。職場がドラッグストアであっても同様です。平均時給に換算して2,000円をくだらない時給相場であるのが、ドラッグストア薬剤師の仕事です。こうした安定した給与相場も薬剤師の離職率を高める動きにつながっていると思われます。

ドラッグストアからの離職後すぐに転職する方や、在籍中に次の転職先を見つける方は問題ないですが、出産や育児などのブランク期間を経て復職する方は、不安が伴うかとおもいます。しかし薬剤師不足に対応するため採用するドラッグストア側も工夫をしています。ブランク薬剤師さんのための研修制度を設けているドラッグストアもあるようですし、派遣薬剤師であれば派遣会社側でこうした研修プログラムを整備している会社もあるようです。薬剤師さんのスキルやブランクに応じてそのキャリアに適した仕事からスタートし徐々に仕事に慣れながら、ステップアップするという職場もあるようです。またドラッグストアは、薬の販売の他、日用雑貨の接客販売や在庫管理等もありますから、ブランク薬剤師でも可能な職務内容の先を選んで復職するという方法もあるようです。

ドラッグストアの離職率の高さは、薬剤師が比較的容易に転職できるという状況の現れでなのでしょう。ですからより自分のライフスタイルやキャリアプランにあった先へ転職する動きが活発であるといえるでしょう。ドラッグストアの仕事があっている、経営者の方針に賛同できるという先に出会えれば、そこで着実にキャリアを重ねられますし、より自分にあったドラッグストアがあれば転職することも可能です。まずは薬剤師専門の転職サイトで求人検索をしてみることをおすすめします。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

▲このページの先頭へ戻る