1. TOPページ
  2. 在宅医療

薬剤師の在宅医療

在宅医療とは、病院以外で行う医療のこと全てをいいます。自宅で薬を飲んだり、注射薬を使用すること、また、自宅に医師が往診に来ること、看護師が来る訪問看護、理学療法士が訪問するリハビリテーションなども含まれます。通院が困難な人や、長年住み慣れた家でできるだけ多くの時間を送りたい、自宅で家族と共に療養生活を多くりたいという患者さんの希望により、またできるだけ多くの時間を患者と共に過ごしたい家族の希望から、医師の承諾を得て自宅で行う医療を継続することも、その一つです。

日本では現在、少子高齢化が進んでいて、高齢者の医療費が増えていることも問題視されています。その医療費増大を抑えるために、法を改正し、病院の病床数を減らす方針がとられています。また、入院日数も減らされ、在宅医療の推進が行われているのです。現在、在宅医療を受けている人の8割以上が高齢者であり、今後も高齢化が進むにつれて、さらに在宅医療を受ける高齢者が増えることが予想されています。医師が定期的に訪問する他に、看護師、理学療法士、薬剤師が訪問して、医学管理、診療を行います。その患者さんの状況に応じて、回数や必要な医療従事者が訪問します。

そのような中、薬剤師は在宅医療に欠かせない存在となるのです。在宅医療では、服薬管理がとても重要であるため、医師の要請を受けて在宅医療患者の元へ訪問します。薬の種類や数が増えると、視覚や聴覚機能が低下した高齢者、認知症を患っている高齢者は特に、正しい服薬が困難な例が増えてきます。家族の助けを必要とするとともに、在宅療養患者を訪問し、指示通りの正しい服薬ができるように指導する役割が薬剤師にあるのです。

カウンター越しに薬を渡すだけではなく、在宅医療が増えていくと予想される中では、薬剤師の在宅医療の需要が増えてくるでしょう。薬剤師が、薬に関する詳しい説明を直接行い、正しい情報を伝えることで、正しく服薬ができることにもつながります。

調剤した薬を持って在宅医療を受けている患者の元へ持っていき、服薬の指導を行う、管理方法の指導を行う、薬の処方を医師へ提案する、家族やケアマネージャーにも協力してもらい、正しく服薬で着るような環境を整えるなど、これまでの薬局の薬剤師にはなかった仕事も増えてきます。薬剤師としての経験や知識と共に、患者さんや家族とのコミュニケーションをとる必要があるため、その能力も求められるのです。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る