1. TOPページ
  2. 病院薬剤師の魅力

病院薬剤師の魅力

病院に勤めている病院薬剤師と調剤薬局とではなにが変わってくるのでしょうか。一番の大きな違いは病院薬剤師は医療チームの一員として動くことが多くなっています。医薬分業がすすめられている昨今では、薬剤師は医者の手伝いという立場ではなく、専門的な視点を持って病棟で入院患者の薬が適正使用されるように服薬指導を行ったり、副作用のチェックを行ったり、在庫の管理や他職へフィードバックをおこなったりします。医師や看護師との情報や意見の交換したり、患者さんの症例を身近にみながら調剤することができるので毎日が忙しいながらも充実した仕事になるのではないでしょうか。

入院調剤室、外来調剤室などがありますが、特に入院調剤室では病棟の患者の薬剤管理指導になりますし、外来調剤室では様々な薬剤を扱うことになると思います。専門的な薬剤師の知識を学ぼうとするならば病院薬剤師が一番身近で学ぶチャンスがあるのではないでしょうか。特に大学病院では研究を行ったり、高度な治療内容で学ぶことも多いでしょう。調剤薬局では薬剤師や事務員など数人の職場が多いですから、狭い中でスキルップするにはなかなか努力が必要となる環境だと思われます。一方病院では病棟中心で医師・看護師だけでなく助産師や放射線技師・検査技師・理学療法士・作業療法士など様々な同業異種の方とコミュニケーションを取る機会もあるので幅が広がるのではないでしょうか。

給料でいえば、病院薬剤師よりドラッグストア等の方が良いそうです。病棟では夜勤等が回ってくることがありますし、夜間の自宅待機や急な呼び出しもある病院もあります。マンパワーのたりていない病院では、忙しさによって見分を広げることや仕事にやりがいを感じること、スキルアップなどについては二の次になりロボットのような効率的な作業を求められてしまい、病院薬剤師の魅力は半減してしまうかもしれません。

病院薬剤師の魅力を感じられる病院に就職するためには求人について書かれていない部分も確認しなければならないかもしれません。休日の手当てや実際の残業の様子、残業代がつくのかどうか、給料アップについて、求人が出た理由はなぜかなど、聞きずらいことも出てくるでしょう。そのような時は薬剤師専門の転職支援サービスでアドバイザーが居るところを利用すると良いでしょう。聞きづらいことも一緒に聞いてもらえますし、面接でも同席して心強いことでしょう。

仕事でやりがいを感じることはとても素晴らしいことです。病院薬剤師の魅力は患者を目の前にして医療チームの一員として患者の快癒まで付き合えることではないかと思います。人との触れ合い、学び、そして自らのステップアップができる病院看護師を目指してみてはいかがでしょうか。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る