1. TOPページ
  2. 病院薬剤師の面接

病院薬剤師の面接

現在病院薬剤師に求められていることは様々なものがあります。薬剤の知識はもちろん、病棟勤務では患者の薬の適正利用についての管理も任されますし、薬剤の管理や医師や看護師、他のコメディカルとの連携も必要とされてきています。臨床の知識を持った薬剤師が求められていることは確かですし、コミュニケーション能力の高い薬剤師は医療チームでは無くてはならない存在になってきています。特に、薬剤関係についてのヒヤリ・ハットの発生率は高くなっており、アンケートによると約3割が薬関係でヒヤリハットを感じたと答えています。薬剤師はこのヒヤリハットを防ぎ、医療事故0を目指すためにも重要なポジションにいることは間違いありません。

病院薬剤師の仕事環境は薬の知識だけでなく、様々な情報に対応する機転と正確さを要求されますが、それがやりがいにつながっているようです。一般的に病院薬剤師は薬局薬剤師と比べると給料が高くありません。そのため、面接では自分が病院薬剤師としてどのようなことがしたいのかをはっきりさせることが必要となってくるでしょう。

なぜ薬剤師になろうと思ったのか?なぜここ(病院)を選んだのか?

これらは面接でも大体のところで聞かれることなので前もって答えを用意しておくのがいいでしょう。また、ヒヤリハットについてや医療事故についても聞かれるかもしれません。経験の有無が聞きたいのではなく、ヒヤリハットをどのように対処してきたかを聞くことが重要になってきます。どのように対応しているかどんな意識を持っているかをみられていると思っていいでしょう。

そしてじこPRをするようにいわれることもあるでしょう。なかなか自分のアピールをすることが得意だという人はいないかもしれません。そんな時は転職・就職の支援サービスを利用するといいでしょう。アドバイザーと話しているうちに自分の希望や人柄等をみて、アピール方法を指導してくれるでしょう。

面接では多くの場合一人で行くことが多いですが、転職支援サービスでは病院に渡りをつけ面接日を設定したり、面接に同席して面接のフォローをしてくれるのでなかなか心強いものがあります。また、雇用条件などの交渉も事前に話しておくことで病院との行き違いなどないように書類の作成や確認などがなされ、口約束のトラブルが回避できるでしょう。給料や雇用条件の交渉、また、病院に対して聞きづらい情報も聞くことができるのでアドバイザーの情報とサポートを有効利用することで面接の不安と失敗を防ぐことができるでしょう。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る