1. TOPページ
  2. 病院薬剤師の就職活動

病院薬剤師の就職活動

病院薬剤師になるにはどのような就職活動をすればよいのでしょうか。大学の就職課に相談するなどすると、薬科大学などでは新卒薬剤師の採用を希望する病院、調剤薬局などから求人が集まっていますから、就職課の先生と相談しながら活動する事が出来るでしょう。気になる病院や調剤薬局がある場合は、そのホームページでの募集要項をチェックしたり直接人事採用課に問い合わせたりして求人情報を得る事ができるでしょう。いずれにせよ、病院薬剤師の求人があるという確約はありませんし、あったとしても自分に合った求人なのかという問題は別です。

大学病院内の薬剤師であればその関連大学の薬学部の就職課に求人票があるでしょう。しかし病院内薬剤師の数は限られていますし、いつ欠員が出るのかは未定です。そう考えると特定の大学病院に絞った薬剤師の就職活動は非常に狭き門という事になります。

また病院内に薬剤師を常駐させるということは、病棟のある病院になります。病棟病院では薬剤師を置く事を義務付けられているからです。義務という事になれば、薬剤師がいない状態ではいられません、退職予定の薬剤師が発生すると同時に人事では新たな薬剤師の採用に動きます。出来るだけ早い採用で即戦力をとなるケースがあります。そうした場合には、募集から採用まで短期間で人材紹介会社から薬剤師さんを紹介してもらい、求人情報が公開される事なく採用終了ということになります。

チャンスを逃す事なく、希望にあった病院薬剤師の求人を探すにはどうすればよいのでしょうか。有効的な方法として、転職支援サイトの利用があります。人材紹介会社が運営する転職サイトには、医療分野とりわけ薬剤師就職に強い転職サイトがいくつかあります。こうしたサイトでは、インターネットに随時最新の求人情報が紹介されています。閲覧は全て無料になり、さらに無料登録をすると非公開求人からの求人紹介も可能となります。

納得のゆく病院薬剤師への就職を遂げる為に、こうした薬剤師専門の転職サイトを利用して、貴重な非公開求人のチャンスを逃さないようにしましょう。またこうしたサイトでは、専任の担当者があなたのキャリアや希望、適正を把握し、マッチした求人を紹介してくれます。数多くの病院薬剤師の就職案件を手掛けているプロですから、採用傾向や職場の状況などを聞く事が出来ます。良質な人材確保をしなければならない病院側は人材紹介会社と提携して、人材確保をしています。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る