1. TOPページ
  2. 病院薬剤師の志望動機

病院薬剤師の志望動機

薬剤師は大きくいってしまえば「国民の健康を守る仕事」と紹介されています。薬に関する知識を深く持ち、専門家として患者さんの健康維持、薬の正しい使い方や、薬の管理などを行います。病院では医師が処方した薬を確認し、他の薬品との相乗効果等をから、同じ作用で効果の高い薬を提案したり、薬が重複することを防ぎ、病院での効果的な薬の利用を提案したり、医療事故を防ぐ大事な役割となっています。調剤した薬を薬剤師がそのまま患者にのませると言ったことはほとんどないですが、縁の下の力持ちとして、病院には欠かせない仕事になっています。

薬剤師は受験資格があり、薬学系の大学に卒業することが条件となっています。そのため薬剤師国家免許を取るにあたって壁があるといわれています。薬剤師の中でも病院薬剤師は約2割ほどになっているようです。5割は薬局に勤め2割は医薬品関連企業へ勤め、このほか大学や衛生行政機関や保健衛生施設に勤めていると厚生省の調査により報告されています。

お給料の面からみると、病院薬剤師の給料は低くなっており、薬局薬剤師の方が高くなっています。病院薬剤師を志すなら、給料を得ることが志望動機ならちょっと難しいことになるでしょう。しかし、薬剤師として病棟で勤務すると、医療チームで患者さんを治していく重要な役割に気付くと思います。薬局薬剤師には無い広い薬剤知識と、臨床知識を踏まえた薬剤知識は病院薬剤師だからこそ多く身につく知識なのではないでしょうか。特に医師、看護師、そのほかコメディカルとのフィードバックによって得るものははかりしれないものがあるのではないでしょうか。

医薬分業がこの先さらに進むことが考えられ、病院で薬を扱う現場に無くてはならない職種として大きな役割を担っていくものと思われます。薬剤師になろうと志した理由は様々なものがあると思いますが、病院薬剤師を続けるにはこのやりがいを感じることが志望動機をなっていることが多いようです。

病院薬剤師に就職するためにはハローワークや薬剤師専門の就職転職支援サービスに登録することがおすすめです。転職支援サービスでは特に相談も受けているので志望動機や希望条件に見合った仕事先を見つけてくれるでしょう。また、好条件の求人や人気の病院等の案件を非公開で持っていることがあるので、じょうほうを入手するために無料登録をしてみるといいと思います。病院薬剤師は給料が低いながらもやりがいのある仕事で自分にあった雇用環境なら長続きしますし、長く勤めれば給料も段々とあがっていくのではないでしょうか。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る