1. TOPページ
  2. 病院薬剤師の夜勤

病院薬剤師の夜勤

薬剤師の夜勤体制を整備されている病院はあまり多くは無いようです。24時間体制の救急病院においても薬剤師の夜間体制が取られていたのは7割に満たず、日本看護協会の調査によると薬剤師の夜間の当直なしとなっている施設が全国で46.6%になっているそうで、一般病院ではオンコールなどで対応しているところが多くなっているようです。

このため、オンコールで薬剤師を呼ぶのですが、場合によっては時間がかかってしまうため、看護師が薬を取りに行くような事態になることがあるそうです。これは現場の看護師の人数が少なくなってしまうため、様々なリスクがあるようです。上記のように看護師が患者に行き届かない、患者に適切な時に適切な薬剤治療を提供できない、薬剤の間違い、感染等、患者の安全に影響するリスクが多くあることが分かります。

特に、薬剤師のいない時間の夜間のヒヤリハットは薬関連であることが多くなっており、休日はさらに増えているようです。薬剤師の業務が患者の安全と質の高い医療の提供に大きな関係があると認識されていますが、労働基準法やコストによって整備されずらくなっているようです。

近年薬剤師の病棟配置について高い評価が行われており、これらは病院薬剤師の働きによるものが大きくなっています。チーム医療において、高い医薬品の知識で医師の負担を軽減し、患者それぞれにあわせた薬剤の処方提案、近年開発されてきた医薬品情報の提供、副作用のチェックや薬の飲み合わせで問題の無い薬の処方の提案など、医師や看護師だけでなく他のコメディカルと連携することによって質の高いチーム医療への貢献が他職種からも評価されています。このため、人件費増を問題とする経営側に対し、薬剤師以外の部署からの要望も出ているようです。同じ薬品でもジェネリック薬品を採用するなどして経営改善効果もみられるので、薬剤師の増員に対して経営者側の評価も出てきているようです。

このような病院薬剤師の病棟配置や夜間配置において診療報酬の改定によって評価しようとする動きがあります。病院薬剤師の有用性が認知され、多くの病院で薬剤師の評価が高まるのではないかと期待されています。

患者本位の医療を目指すためとはいえ、看護師と同じく薬剤師にとっても夜勤は大きな負担となることでしょう。薬剤師の評価を高め、報酬の上でも良くなることが望まれています。病院薬剤師の夜勤については病院によって異なっていますので、情報を集めるなら薬剤師専門就職支援サービスを利用するのも一つの手だと思います。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る