1. TOPページ
  2. 病院薬剤師の役割

病院薬剤師の役割

病院薬剤師は、医師の処方せんに基づいて薬を調剤するというのが主な仕事ですが、外来患者、病棟患者とその数は多数におよんでいます。その一つ一つを、患者さん一人一人の処方によって調剤して行く訳です。人命に関わる医薬の世界ですから、失敗は許されません。高度な専門技術はもちろん正確さ、責任感を伴う仕事です。

時に処方によっては、その病院ならではの調合をする粉薬や軟膏を調整します。それと同時に病院薬剤師は処方せんのチェック機能を担っています。正しい処方か相互作用に付いてはどうか、患者さんの服薬履歴や副作用についてなど多面的にチェックします。こうして調剤された薬を、患者さんへ服用指導をしながら渡す事も薬剤師さんの重要な役割です。正確に調剤をしても患者さんが正しく服用しなければ病気の治療には繋がりません。ですから患者さんとコミュニケーションをとり、安心して服用してもらうという、アドバイザー、カウンセラー的な役割も担っています。

また病院薬剤師の在籍する病棟のある病院では、患者さんに対してチーム医療がおこなわれています。医師、看護師、その他の医療スタッフとともに、患者の治療方針を検討し、薬剤師として役割を果たします。医師と相談しながら最適な薬物療法を組み立てて行く、処方の設計ともいえる業務も病院薬剤師の仕事になります。チーム医療ではチーム間、患者さん、患者さんのご家族などとのコミュニケーション能力が求められます。その他、現在では注射薬のセッティングも薬剤師の仕事になっている病院が増えています。これは以前、看護師がおこなってきた仕事ですが、注射薬を薬剤師が扱う事により安全性を高めるねらいがあります。また膨大な薬の管理、患者さんの調剤データの管理、整理なども病院薬剤師の役割となっています。

病院薬剤師は、単に薬を扱うというだけではなく、病院医療の組織、患者さんとの関係性等の中で様々な役割を担っているのです。こうした多面的で総合的な活躍が病院薬剤師の醍醐味といえるのかもしれません。病院薬剤師の仕事に興味を持ち、就職や転職をお考えの薬剤師さんは、薬剤師専門の転職サイトを利用しましょう。薬剤師求人に特化した最新の全国求人情報から希望の求人を検索する事が出来ます。また転職のプロのキャリアコンサルティングを受けることができます。病院薬剤師に関する質問や転職に関する悩みを相談しましょう。そして自分らしい職場探しの一歩としてみてはいかがでしょう。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る