1. TOPページ
  2. 病院薬剤師の給料・年収

病院薬剤師の給料・年収

薬剤師給料を見てみるとの平均年収は平成22年では518万と厚生労働省の抽出調査で報告されています。しかし、薬剤師は職場によっても変わってくるようです。調剤薬局での平均年収は約400万~650万位、ドラッグストアでは400万位からはじめて店長クラスになると700万以上となっているようです。病院では400万から650万位で、製薬会社では400万から800万以上で部署によっても異なるようです。薬剤師の中では病院薬剤師の年収は少ない方になています。そのため、男性は特に製薬会社に勤める傾向が強く病院は女性が多い傾向にあります。薬剤師で人気なの職場はドラッグストアになっており、薬剤所ほぼ半分がドラッグストアで仕事をしており、病院薬剤師は2割ほどの人数になっています。

病院薬剤師は特にその給料の傾向から若い年代を取ることが多く、30代以降の病院薬剤師はなかなか採用をしない傾向にあるようです。それはやはり、経験によって給料を高くしなけれなならないことがネックとなっているようです。しかし、年齢がいくつになろうと、薬剤にかかわる責任は大きなものとなっています。特に、ヒヤリ・ハットは薬剤の周囲で起こることが良くあり、医療事故防止のために病院薬剤師と医師や看護師、そのほかコメディカルとの連携は欠かせないものとなっています。

病院薬剤師で満足する給料を得るために転職しようと考えている人も多いようです。勤め出してから給料は年々あげて行くと説明を受けたのにもかかわらず、ここ何年も変わらず、何年たっても新卒と同じ給料だと不満を感じる人もいます。また、残業してもある時間数を超えると足切りされてしまう、という病院薬剤師もいるようです。

転職によって給料を上げようと考えているならば、薬剤師専門の就職転職サポートをしているサービスを利用することがおすすめです。自分の希望する雇用条件を満たす病院を探しだして紹介してくれます。また、アドバイザーが居る場合には転職時の面接の指導などもしてくれます。面接時には同席し、雇用条件であいまいな部分をなくし、薬剤師の希望に沿ってサポートしてくれるのです。

面接前に気になる部分を確認してもらうこともできますし、場合によっては仕事現場の見学も設定してくれるところもあります。納得する転職をするために様々な努力をするわけです。 このほか、希望が殺到する人気病院や、好条件の求人などを非公開求人にしていることろもあり、まずは無料登録して情報を得ることがおすすめです。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る