1. TOPページ
  2. 病院薬剤師のチーム医療

病院薬剤師のチーム医療

現在、病院薬剤師の役割が大きくなってきています。処方箋の通り調剤するだけが薬剤師の仕事ではなく、病院においてはチーム医療にかかせない大事な役割を持つようになってきました。チーム医療とは患者を中心とする医療において、医師、看護師、薬剤師、このほかコメディカルが専門を分担し連携し相互支援することで、医師をはじめ負担を分散し、質の高い医療を実現させる医療提供の体制です。

薬剤師はこのチーム医療の中で、医師が薬を処方する際に最適な処方となるように処方設計支援を行い、調剤を行い、服薬の際に正確な使用を指導し、患者の副作用をモニタリングします。医師による薬の効果と副作用の評価を次の処方へフィードバックする際に処方提案を行い、医師が的確な診断を行えるようにサポートします。例えば入院患者が他の病院にも通っていて持さん薬があるとします。他の病院で使っている薬と医師が処方した薬が重複しないように医師への処方の提案を行ったりします。また、手術前に高血圧で抗血小板薬を服薬。

薬の種類は増えてきており、医薬品情報の専門家として、適正に活用されるように連携することが重要になってきています。病院で扱われる薬の数は膨大な量になっており、同じ作用でも様々なタイプの薬が出ています。特にハイリスク医薬品の適正使用では他の薬と共に使用すると副作用で死にいたる例もあり、同じ作用の薬でも別の薬と一緒に使っても問題が起きない薬を提案したりします。また、薬の効き方は患者の個人個人によって異なりますので、医薬品の副作用・相互作用マネージメントのための臨床検査や薬物血中濃度測定のオーダーを行って医師の負担を軽減したり、必要な対応を提案したりします。

現在では薬剤師には専門薬剤師が出てきており、このようなチーム医療において、大きな役割となってきています。日本における専門薬剤師はがん専門薬剤師、感染制御専門薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師、精神科専門薬剤師、妊婦・授乳婦専門薬剤師、HIV感染専門薬剤師、NST専門薬剤師、緩和薬物療法認定薬剤師があります。

薬剤師のチーム医療について経験を積むために転職をする人もいます。この場合、転職先で自分のやりたい仕事ができるかどうかがポイントになってくるでしょう。転職支援サービス等を利用し、病院がどのような求人をしているのか詳しいところを利用することで病院薬剤師のマッチングが成功すると思われます。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る