1. TOPページ
  2. 病院薬剤師の転職のポイント

病院薬剤師の転職のポイント

薬剤師と言っても現場によってその仕事の様子は変わってくるようです。薬品の開発を主に行っている企業の薬剤師や、病院の前にある調剤薬局の薬剤師、ドラッグストアやチェーン展開している薬局薬剤師、そして、病院の病棟で入院患者に対応したり外来調剤を行う病院薬剤師がいます。

薬剤師は男性と女性で勤め先の割合が多く変わってきます。男性の場合は企業薬剤師になる率が多いのですが、女性の場合は病院薬剤師や調剤薬局の薬剤師が多くなっているようです。薬剤師についてもっとスキルを磨きたいと思っている人は病院薬剤師がおすすめです。近年臨床知識が薬剤師にもっと必要だといわれており、病院では医師や看護師、そのほかのコメディカルと対話する機会が多く持つことができ、薬剤師としての幅が広がります。

病院の中でも、特に大学病院は高度な治療を行うことが多く、薬剤師の新薬の知識は増えて行くでしょう。その代わり調剤の量が多くなりますのでとても忙しいようです。医薬分業がすすめられており、調剤だけでなく医療チームとして大きな役割を担ってきているのが病院薬剤師です。入院患者の適切使用の指導や副作用のチェック、在庫管理、他のコメディカルへのフィードバック、医療事故防止など様々な仕事があります。

しかし、病院薬剤師は給与の面他のコメディカルに比べて薄給なことが多く、だいたい30歳付近で転職が難しくなるようです。マンパワーのある病院では薬剤師のスキルアップを推進しているところが多いですが、人手不足で薬を調剤するのに効率だけを求めているようなところではやりがいや労働条件に不満を持って病院薬剤師が次々と転職してしまい、新卒を次々と採用していくところがあるようです。転職する際には給料や雇用条件だけでなく、離職率について、スキルアップや教育についても確認していくのがいいでしょう。給与に関しては毎年アップする率が書いてあったりしますが、雇用条件ではかいてあるものの実際にはベースアップ0の場合もあります。最近のベースアップの現状はどうなのかも聞いてみると実際の様子が分かりやすいのではないでしょうか。

病院薬剤師の転職のポイントは、給料が安いことは既に前提であるようで、病院におけるやりがいが仕事をする際の支えになるでしょう。求人票の文面だけでなく、実際の病院の環境は勤めている人が長く続いているかどうかでも分かりますし、転職支援サービスのアドバイザーに聞いてみると面接を受ける前に質問をすることで疑問も解決すると思います。既存のサービスを利用して、情報を集めることが病院薬剤師の転職の成功ポイントだと思います。

<病院薬剤師転職関連コンテンツ>
募集 中途採用 履歴書

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る