1. TOPページ
  2. 病院薬剤師の研修

病院薬剤師の研修

医薬分業が求められている現在、調剤業務が主で医者の手伝いと言った面が強く調剤業務の多かったかった病院薬剤師は、医療チームの一員として医師や看護師そのほかコメディカルとのの連携が求められ、様々な業務が行われるようになってきました。4年制でであった薬学部は6年制になり、大学病院や一般病院でも研修が密に行われるようになってきました。この6年制への移行は病院薬剤師では特に重要な臨床知識や医療チームとしての薬剤師の役割を知るのに重要なものになっており、病院薬剤師が必要であると訴えていた面が実現した形になっています。

一般的な薬学部6年制の長期実務実習では、処方監査、疑義照会、調剤、調剤薬監査、窓口業務等の調剤室での研修や、注射室での注射薬の適正使用とリスクマネージメント、手術室での実習などの研修があります。薬剤管理についてはロールプレイや患者の症例を検討し、薬剤管理指導全般にかかわる知識や考え方の研修があります。病院薬剤師の業務に薬剤の管理もありますが、薬剤の適正使用のためにどのように管理したらいいのか、また提供したらいいのか、情報管理についても研修があります。治験についての研修も行っているところもあり、治験薬管理いついても学ぶ機会があります。医薬品の臨床試験は新しい医薬品の開発において重要なものがあり、治験の倫理や信頼性を確保し化学的に優れた治験を行うために治験コーディネーター研修も病院で行われます。

病院では院内製剤をしているところがあり、抗がん薬・TPN・注射剤の無菌調製の研修もあります。研修とはいえ、そこで調剤された薬剤は責任を持つ必要があります。薬剤師賠償責任保険に加入してから研修することが望ましいです。

また、病院薬剤師には生涯研修制度があり、病院薬剤師の水準を高め、公衆衛生の向上と増進のための生涯研修認定制度が日本病院薬剤師会で作られています。各種の講習会や研修会、学会の参加により単位が出ますし、ビデオテープ学習等でも単位が出ます。このほか実習研修、グループ研修、自己研修、学会誌投稿等でも評価が行われます。

病院薬剤師ではこの研修の現場に近いこともあり、自己研鑽が行いやすい面があります。また、他のコメディカルとの連携を取るうちに日常業務においても知識が広がりますし、自分次第でスキルアップする機会が多くなっているのが病院薬剤師です。このメリットを活かし、薬剤師としてのやりがいを見つけスキルアップを目指してはいかがでしょうか。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る