1. TOPページ
  2. 病院薬剤師の仕事

病院薬剤師の仕事

病院勤務の薬剤師さんの仕事とはどのようなものなのでしょうか。まず薬剤師を常駐させる病院は病棟のある病院になります。これは病棟のある病院には薬剤師を置かなければならないと義務付けられている為です。まず病院薬剤師は、医師の診断により発行された処方せんに基づいて調剤をします。

薬は製薬会社でつくられたものを調剤しますが、患者さんへの処方に応じて、軟膏、粉薬など病院独自の薬を薬剤師が製剤します。調剤が終わったら、患者さんに薬を渡すと同時に服薬指導をおこないます。これは患者さんが正しく薬を服用または使用してもらうためです。処方した薬の効果や使用方法、注意点などを丁寧に指導し伝えます。患者さんの質問にも答える事で患者さんの不安を取り除き、効果的な薬物治療がおこなえるようにします。

注射薬の調剤も現在では薬剤師の仕事となってきました。以前、注射薬は看護師さんが準備していましたが、より高い安全性のために薬剤師が行う傾向にあります。医師から出された患者さんの注射の処方せんにより、注射薬のセットをおこないます。注射薬を混合使用する場合には相互作用によって効果に変化がないかチェックをします。

この他、患者さんが受ける薬物療法の履歴情報を管理して薬の相互作用についてチェックしています。現在、患者さんの治療にはチーム医療が組まれます。医師や看護師、関係スタッフと共に薬剤師もチームの一員として取り組みます。薬剤師は、医薬のスペシャリストですから常に医薬品の情報収集、管理、保管、整理をおこなうとともに、医師や看護師からの薬に関する質疑に対応出来るようにしています。

このように一見、薬を扱うのが薬剤師と考えがちですが、実際には色々なしごとがあるのですね。特に病院薬剤師となると、病棟、医師、患者様、看護師、その他のスタッフなど多くの人との関係の中で働かなくてはなりません。その中で、医薬のスペシャリストとして、常に新しい薬の情報、高い専門性と、知識、実戦経験を兼ね備えていなければならない仕事です。

病院薬剤師を目指そうという方は、薬剤師専門の転職サイトの利用をおすすめします。薬剤師転職に精通したキャリアコンサルタントがあなたの希望にマッチした求人を紹介してくれます。こういった転職サイトに登録すると、貴重な非公開求人の紹介も受ける事が可能です。登録から求人検索、カウンセリング、面接や就業まで全て無料でトータルにサポートしてもらえます。

<病院薬剤師関連コンテンツ>
メリット 悩み 当直 将来

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る