1. TOPページ
  2. 薬剤師の独立

薬剤師の独立

身の回りで最もよく見かけられる薬剤師は、病院周辺にある調剤薬局や病院の中にある院内薬局で働いている人です。医師が処方した処方箋に従って薬を調剤し、販売すると言うのが主な仕事です。調剤業務の他、服薬指導、医薬品管理、情報提供も大事な仕事です。漢方薬局では、患者の訴えを聞いて、それに応じた漢方薬を薬剤師が調剤して販売します。

薬局の他には、製薬会社に勤めて、薬の研究、開発、品質管理を行うという仕事もあります。開発した薬の効き目や安全性を確かめる臨床試験を行うという仕事もあります。

病院に勤める薬剤師は、医療チームの一員として働きます。入院施設のある病院では、病棟で薬の処方や服薬指導、約歴の管理を行うのでです。学校に勤務する薬剤師は、学校のプールや給食、空気、水道水などの衛生検査が仕事となります。理科室や保健室の薬も管理する役割があります。

そのような、薬剤師としての経験を積んでから、独立開業しようと考える薬剤師もいます。薬局の起業は、他の業界よりも成功しやすいと言われているようです。また、薬剤師の給料は安定していますが、大きな変化はなく下がりもしなければ上がりもしないのです。ですから、独立開業をして収入のアップを目指す人が多くいるのです。

薬局の形態は、いろいろあります。まず、「薬局」は、全医薬品を販売し、調剤室もある薬局で、調剤薬局はこの薬局に含まれます。薬剤師が常にいる必要があります。「一般販売業」は、一般の市販薬を取り扱い、処方箋の取り扱いはできませんが、薬剤師が薬を管理する必要があります。「薬種商販売業(薬店)」は、厚生労働大臣が指定する指定医薬品以外の医薬品を販売します。薬剤師がいる必要はなく、各都道府県にて業種商の試験によって認められた人が管理をします。その他に「配置販売業」というのもあり、消費者に医薬品を預け、これを使用した後に代金を請求するという形態です。

調剤薬局を開業するには、各都道府県の許可が必要となります。薬局の開設許可は6年ごとに更新する必要があります。更新しなければ、開業許可の効力が失われます。

薬局を開業するにあたって、まず大事なことは、店舗を建てる地を選ぶことです。大きな病院の近くに調剤薬局を建てれば、確実に多くの処方箋が来ることが予測できますが、ライバルとなる薬局が他にも何軒か立ち並ぶでしょう。小さな個人病院のそばに調剤薬局を建てれば、その病院の集患状況によります。もし、何らかの事情でその病院が閉院ということになれば、薬局の経営も危機に陥るというリスクもあります。

開設する地を決めた後も、店舗設計や採算計画、資金繰り、備品・機器の調達、薬品の仕入れ計画、開局のための各種手続き、人事業務などの様々な準備が必要となります。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る