1. TOPページ
  2. 企業

一般企業の薬剤師求人情報を探す!

薬剤師でも一般企業に転職することができます。一般企業に転職する場合は、管理薬剤師として医薬情報管理や商品管理などを担うことになります。医療機関に勤務する場合と違って夜勤があることもなく、土日祝など企業が休日の場合は同じように休みとなります。勤務するその企業に準じることになるので、夏期休暇や年末年始も長期で休みを取ることができます。

大手企業に転職した場合は福利厚生も厚く、年収も400万円~500万円のスタートとなります。また、医薬品の開発や研究を行う治験業務に携わる治験コーディネーターの場合は、年収700万円以上も望めるので、調剤薬局で薬剤師業務をするよりも遥かに収入を得ることができます。それには英語の読解力や実務経験など、企業によって求められるスキルに違いはありますが、薬剤師がコーディネーターに転職するのは比較的有利なので、気になる求人がある人は確認してみましょう。

一般企業への転職はハローワークでも募集されていますが、薬剤師専門の転職サービスを経由した方が多くの情報を集めることができます。企業側としても医薬品を取り扱うからには、できることならそれ相当の知識を持っている人材を募集するので、専門職の集まる薬剤師専門の転職サービスに求人を掲載しているところが多いのです。PCスキルが問われたり英文ライティングが問われたり、詳細な条件がある場合もあるので、転職サービスを利用して希望の転職先を探して下さい。

薬剤師が一般企業へ転職すると、本来の薬剤師の業務から離れるようなイメージもありますが、一般企業であっても臨床に関わることはできるので、最近はシフトの多い医療機関勤務よりも注目されている部分があります。ただし、パートやアルバイトでは勤務することが難しいので、特に治験コーディネーターを視野に入れる場合は正社員のみとなります。

薬剤師は医薬品を管理する責任の重い職業なので、それを開発・管理・指導する企業の方でも、より臨床に近い部分では社員以外の募集がありません。契約社員として薬剤管理を担う場合もありますが、企業によって勤務形態がバラバラなので、きちんと確認をとってもらいましょう。一般企業なのでフレックスタイム制を導入しているところもあり、待遇面で言えば公務員並みに安定していると言っても過言ではありません。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る