1. TOPページ
  2. 英語

英語を活かせる薬剤師求人情報を探す!

薬剤師の免許は取得したけど、医療機関に勤務することに抵抗がある人は、一般企業へ転職する道があります。特に英語が得意という人は、厚生労働省に薬事申請する書類の作成や薬学書の翻訳など、一般的な調剤業務以外の幅広い仕事をこなすことになる企業への転職が可能になるわけです。

薬剤師の一般企業への求人は、普通の会社員のようなイメージもありますが、会社に勤務していても薬剤師には変わりないので、業務自体は専門的なものになります。海外から輸入される医薬品の臨床試験。副作用の情報収集。医療用医薬品の販促物作成。メディカルライター業務など、薬剤師としての知識と英語力を活かした仕事で、条件の良い待遇の中で活躍することができるというわけです。

実際に医薬品に添付される書類はほとんどが英語で、アメリカで研究されて発売されたインフルエンザの特効薬と呼ばれるタミフルも、医療機関へ配布する際の説明書や注意書は日本語に翻訳しなければなりません。製薬メーカーはそれぞれの研究者と契約して薬を販売する権利を得ますが、その際の契約書や同意書なども英語で記載されていることが多いので、薬剤師のスキルUPと英語は切っても切れない関係なわけです。

調剤薬局に勤務する場合は、あまり英語を使用するわけではありませんが、医師の書く処方箋は専門用語で英語が記載されることもあるので、英語ができることに越したことはありません。もちろん日本で仕事する以上はそれほど意識しないかもしれませんが、製薬メーカーの求人には英語のスキルが問われるものが多いのも事実です。逆にどんなに英語が得意だとしても、薬剤師としての知識が薄ければ高収入の保証は難しいので、英語を活かす薬剤師の求人はスキルの高いものと言えます。

英語力が問われるなら特別なところにしか求人がないような気もしますが、薬剤師専門の転職サービスには、英語を活かすたくさんの求人情報が掲載されています。大学院やハローワークでも探すことはできますが、企業はよりスキルの高い実践力のある人材を求めているので、転職サービスに求人情報を掲載しているわけです。薬剤師だけど理系の人は製薬メーカーへ。文系の人は医薬品関係の出版社へ。英語を活かすだけで転職先の幅は広がりを見せます。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る