1. TOPページ
  2. 公務員

公務員の薬剤師求人情報を探す!

薬剤師が公務員になれることを知っていますか?薬剤師と公務員は一見結びつきがないような気もしますが、薬剤師になった後で公務員試験に合格すれば、調剤薬局以外の幅広い場所で働くことができます。例えば食品衛生監視員。輸入されてくる食品の微生物検査・検疫などに携わることができます。主に空港での勤務となり、船舶が対象の場合は港で勤務することになります。

また、国立・県立の病院勤務。保健所での衛生管理業務は公務員となります。少し変わったところでは麻薬取締官として、特別司法警察員となり働くことができます。麻薬取締官は公務員試験がありませんが、採用されると厚生労働省の研修を受けることになります。麻薬取締官は警視庁の警察官が対象のような気もしますが、薬物の知識が必要不可欠なので、薬剤師の免許があれば麻薬取締官として勤務することができるのです。捕術訓練や拳銃射撃訓練など、一般的な薬剤師にはない研修を受けることになりますが、薬物犯罪を防止するためにそのスキルを活かすことができます。

公務員として働くからには国や県の職員扱いになるので、給料・休日などの待遇もそれに沿った形となります。そのため福利厚生や健康保険なども、公務員の基準になります。昇進や昇給についても一定の規則に従うことになり、人事異動や人事交流で転勤になることもあります。地方公務員になるか国家公務員になるかで移動範囲にも違いがありますが、一般企業と違って安定した収入になることは間違いありません。

「公務員の薬剤師だったら、ハローワークで求人募集してるの?」と思われがちですが、病院の調剤勤務や保健所での衛生管理業務の場合は、薬剤師専門の転職サービスを利用することで求人募集を見つけることができます。麻薬取締官については厚生労働省地方厚生局麻薬取締部の管轄になるので、転職サービスでは見かけないかもしれませんが、直接の紹介がなくても採用についての問い合わせや確認には対応してもらうことができます。

公務員の薬剤師は他の薬剤師よりも格上であるというわけではありませんが、調剤薬局の管理薬剤師以上の役職に就くことができるので、スキルUPを狙う場合はチャンスです。ただし、公務員試験に合格する必要があるので、その点も踏まえて転職活動しなければなりません。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る