1. TOPページ
  2. 管理薬剤師とは

管理薬剤師とは

薬局を営業する際、薬剤師をおかなければならないと薬事法で定められています。この薬局を管理する薬剤師が「管理薬剤師」です。薬剤師の立場から薬局全体を管理するのが管理薬剤師の仕事です。また薬局には一店舗につき最低一名の薬剤師を配置しなければなりません、薬剤師が複数店舗を担当することは法律で禁止されています。薬局の数だけ薬剤師が必要ということになります。

薬局の開設にあたっては都道府県知事の許可が必要で、6年毎に更新手続きがひつようになります。開設者と店舗管理する管理薬剤師が異なっても薬局の開設は可能ですが、開設者すなわち薬局の経営者は必ず一店舗に薬剤師を雇用し配置しなくてはいけません。薬局の管理者である管理薬剤師は、調剤業務、販売、薬の管理に加えて勤務するスタッフの教育監督をしなければなりません。管理薬剤師とは、いわば薬剤師の専門知識を活用したストアマネージャー的な存在なのです。薬局の他、医薬品卸会社等で管理薬剤師の求人があることがあります。

管理薬剤師は薬剤師としても社会人としても経験のある人が望ましい職業ですね。最低でも3年以上の実務経験者かそれに値する経験者であることが望ましいとされています。単に調剤業務にたけているだけでなく、保険請求等の医療事務能力も必要とされます。薬事法を理解し、薬局に問題が生じれば管理薬剤師の責任となります。経営者と管理薬剤師が別の場合は、問題点を速やかに報告し改善にあたらなければなりません。

管理薬剤師という資格はありません、薬剤師の資格と薬局管理のできる経験や能力があれば管理薬剤師になる事が可能です。通常の薬剤師よりも責任も業務も重いものになりますから当然給与も高収入となります。薬剤師の中の管理職といった立場です。薬局の責任者、薬局長の立場ですから600万円以上の年収の管理薬剤師の方も少なくありません。

管理薬剤師を目指している薬剤師の方は、薬剤師専門の転職サイトの登録利用をおすすめします。現在の薬局の給与相場などの就業条件のリサーチになりますし、登録後は専任のキャリアコンサルタントがあなたの管理薬剤師へのキャリアプランをアドバイスしてくれます。現職から管理薬剤師にどのようにステップアップするべきなのか、現職でよいのか転職が望ましいのかといったお悩みを相談する事が出来ます。登録、相談すべてのサポートは無料で受けられます。一度自己確認の為に利用されてはいかがでしょう。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る