1. TOPページ
  2. 管理薬剤師の勤務時間

管理薬剤師の勤務時間

薬局を開設するにあたっては必ず薬剤師をおかなければならないと薬事法で定められています。ということは薬局に行けば必ず薬剤師さんがいるのでしょうか。もしも薬剤師が1名しかいない薬局の場合は、薬局が開いている間は薬剤師さんが働き続けているということなのでしょうか。ここでは管理薬剤師の勤務時間についてお話しして行きます。

管理薬剤師の勤務時間に付いては、一週間あたり40時間確保されていなければならないと定められています。基本的に営業時間中、管理薬剤師は店内に常駐していなければなりません。やむをえない理由で管理薬剤師が不在となる場合には、他の薬剤師に管理業務を代行してもらいます。代わりの薬剤師がいない場合は、お客様にわかるように薬剤師不在の旨を掲示して、不在の間の医薬品販売を中止します。不在中は医薬品の陳列をシャッターやカーテンなどで覆います。たまに薬局などで、こうした薬剤師不在の表示を目にした事があるかとおもいます。

管理薬剤師が薬局を不在にする理由としては次のような事があります。薬剤師会の運営する夜間休日の輪番調剤に行く場合、老人保健施設や介護施設の業務にあたる場合があります。学校薬剤師といって1校に限って、管理薬剤師が学校薬剤師を兼務する場合がありますから、学校薬剤師業務のある場合なども不在理由としてあげられます。

管理薬剤師は薬局業務全般を管理する訳ですから、薬局を運営する上では残業が生じる場合もあるでしょう。40時間以上常駐していなければならず、残業も生じる事があるとなると、見方を変えれば常に必要な人材、すなわちフルタイム勤務の正社員ということになります。管理薬剤師になる=収入が保証されているということになりますね。

管理薬剤師への転職を希望する薬剤師の方は、薬剤師専門の転職サイトで転職活動される事をおすすめします。全国の最新管理薬剤師求人を一度に閲覧出来ますから、ご自身にマッチする求人に出会えるチャンスが広がります。管理薬剤師の転職事情に精通したキャリアコンサルタントが専任で転職サポートをしてくれます。管理薬剤師の給与相場は、仕事内容や待遇はどうなっているのか、管理薬剤師を目指せる職場はあるのかなど、おひとりおひとりの悩みに丁寧に対応してくれることでしょう。登録から転職相談、応募、面接、転職成立までの全てのサポートが無料です。まずはインターネットから簡単に登録して、管理薬剤師求人を検索してみましょう。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る