1. TOPページ
  2. 管理薬剤師の求人

管理薬剤師の求人

薬剤師の求人は少なくありません。

復元労働者と言われるような、事情により一度離職した人が薬剤師に復職する人も多いと言われています。特に女性は結婚、出産などの事情で離職する場合が多数みられますが、その後復職する人は多いようです。

平成22年の女性の薬剤師の復職者数は2万8千人程度という報告があります。(ちなみに男性は1万6千人程度)結婚、出産を経てからでも尚復職可能ということは、その分求人が多いと言えるのではないでしょうか。では管理薬剤師についての求人事情はどうなっているのでしょうか?

薬剤師でなければ、管理薬剤師にはなれません。薬局などの経営は薬剤師でなくても経営することはできますが、その場合でも必ず薬剤師から管理薬剤師を任命し、管理薬剤師に店舗の管理監督をさせる義務があります。管理薬剤師は薬剤師としての日常業務の他に薬局業務全般を管理する必要があり、仕事の範囲は非常に広く、当然仕事量も多いと言えるでしょう。そのため管理薬剤師の勤務時間は、1週間あたり40時間確保しなくてはならないと定められています。

管理薬剤師は基本的に薬局や店舗の営業時間中、常駐している必要があります。また薬局を運営するにあたって、責任者として超過勤務の場合もあり得ます。以上のような理由から、管理薬剤師は必然的にパートなどが勤めることは少なく、正社員が多いことが考えられます。責任が重い分、普通の薬剤師よりは負担が多くはなりますが、やりがいを感じられる仕事であることは間違いないでしょう。

ある薬剤師転職サイトなどでは、自らの経営する薬局に優秀な薬剤師を就職させるための一つの方法として、管理薬剤師の役職に就いたことがあるかどうかが一つの目安になると、紹介されていました。管理薬剤師であるということは、薬剤師としてのキャリアの評価の他に、薬学的知識だけではなく、薬局の管理能力や任せて安心という総合的な能力があると評価されるようです。転職の際も、管理薬剤師経験者に対する評価は非常に高いものとなるため、有利とされています。やりがいやスキルアップ・キャリアアップを望むのであれば、管理薬剤師という責任あるポジションに就くのは必至です。また年収のアップにも当然それはつながると考えられます。

薬剤師の求人は比較的少なくはないですが、管理薬剤師の求人については、以上のような理由からキャリアとして判断されることが多く、ずばり職種として求人される事は多くはないかもしれません。しかし将来的に管理薬剤師のポジションに就きたいと前向きに考える薬剤師向けの求人は薬剤師転職サイトで数件紹介されているようです。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る