1. TOPページ
  2. 管理薬剤師の募集状況

管理薬剤師の募集状況

薬剤師の募集は少なくないと言えます。しかし管理薬剤師の募集状況はどうでしょうか。管理薬剤師とは薬局の責任者です。管理薬剤師は薬剤師でなければ、なれません。また薬局などの経営は薬剤師でなくても経営することはできますが、その場合でも必ず薬剤師の中から管理薬剤師を任命し、管理薬剤師に店舗の管理監督をさせる義務があります。因って一つの薬局や店舗に必ず管理薬剤師が存在することになります。そういった状況を考えると、管理薬剤師の募集は多いのではないかと考えられますが、実際には多いとは言えない状況にあります。

管理薬剤師の勤務時間は、1週間あたり40時間確保しなくてはならないと定められています。なぜなら管理薬剤師は基本的に薬局や店舗の営業時間中、常駐している必要があるからです。また薬局や店舗を運営するにあたって、責任者として超過勤務の場合もあり得ます。以上のような理由から、管理薬剤師はパートなどが勤めることは少なく、正社員として勤務することが条件になると考えられます。

管理薬剤師は薬剤師としての日常業務の他に薬局業務全般を管理する必要があり、一般の会社で言えば、「課長」や「部長」といった役職に就いていると考えることができます。当然求人もいきなり役職者を募集することは少なく、薬剤師として求人、採用後、薬剤師としての勤務状況を考慮、検討し、その後管理薬剤師に昇進といった形が一般的な流れのようです。

以上のような理由から、いきなり管理薬剤師職を探すのは至難の業とも言えます。ただし例外もあるようです。薬局、店舗などで、今までいた管理薬剤師が退職した場合、その人材に代わる存在が内部にいない時などは管理薬剤師のポジションとして求人を出す場合などです。

しかしこういった場合、ほとんどが経験者への募集となるようです。管理薬剤師の経験がない薬剤師が、いきなり管理薬剤師として採用されることは難しいとされています。しかし募集案件の中には管理薬剤師としての経験がなくても、応募できるという募集案件もあるようです。

結論として、管理薬剤師の募集は少なく、一般の薬剤師の求人とは極端に状況が違います。それでも管理薬剤師として働きたいという場合には、自力で探すことよりも、薬剤師専門のコンサルタントや転職支援サービスを利用しましょう。そういった薬剤師専門のコンサルタントや転職サービスには比較的表に出ることのない管理薬剤師の募集や個人で入手することが難しい様々な募集情報を入手している場合が多くあります。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る