1. TOPページ
  2. 管理薬剤師の転職のポイント

管理薬剤師の転職のポイント

管理薬剤師の募集は少なく、一般の薬剤師の募集と極端に状況が違うと言われています。一般の薬剤師の募集は比較的多いと言われる一方、役職付きの薬剤師とも理解される管理薬剤師は、いきなり役職を付けたポジションとして求人募集をすることがないからです。

薬剤師を募集、採用、その後の薬剤師としての働きを見て、管理薬剤師に昇進させるという流れが一般的なようです。しかし管理薬剤師としての求人募集が全くないというわけではありません。

薬局、店舗などで、今までいた管理薬剤師が退職した場合などです。その人材に代わる存在が内部にいない時など、管理薬剤師のポジションとして求人を出すケースがあります。その場合でも管理薬剤師の経験の有無が問われます。管理薬剤師としての経験が無ければ、採用されることが難しいと言わざるを得ません。

一般の薬剤師が管理薬剤師になるために転職するのと、管理薬剤師の経験がある薬剤師が一般の薬剤師、もしくは管理薬剤師として転職するのとは大きな違いがあります。前者の条件は難しいと言わざるを得ないでしょう。

しかし後者の管理薬剤師の経験がある薬剤師は、責任が重く、普通の薬剤師よりも負担が多い役職を経験している分、転職には有利と言われています。

ある薬剤師転職サイトでは、自らの経営する薬局に優秀な薬剤師を就職させるための一つの方法として、管理薬剤師の役職に就いたことがあるかどうかが一つの目安になると、紹介されていました。なぜならば、管理薬剤師の経験者には薬学的知識だけではなく、薬局の管理能力や任せて安心という総合的な能力があると評価できるからとしています。

転職のポイントとして、管理薬剤師の未経験である薬剤師の場合は、転職の前に現在在籍する薬局・店舗で管理薬剤師の経験を積極的に積むことが転職に有利に働くでしょう。しかしそのチャンスに恵まれない場合は、薬剤師専門の転職サービスなどが未経験でも応募できる求人の情報を持っていることがあります。個人ではなかなか入手できない情報も多いので、そういったサービスを利用することも一つの方法です。

また現在管理薬剤師として働きながら、転職を考えている場合には、給料に不満があり、もう少し収入が増やしたいという人が多いようです。その場合の転職のポイントとしては、自分が現在と同等、もしくは全く同じポジションの管理薬剤師として勤務できるのか等、勤務体系や給与条件をしっかり確認することが必要となります。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る