1. TOPページ
  2. 管理薬剤師の研修

管理薬剤師の研修

薬剤師には免許の更新といったものが、ありません。薬剤師になってさえしまえば、一生薬事の勉強をすることがなくても薬剤師の資格をはく奪されるようなことはないのです。

しかし急速に高度化・専門化が進む医療において、医療従事者は常に自己研鑽が必要です。その点において薬剤師は生涯研修制度として、研修認定薬剤師という制度ができました。

研修認定薬剤師は、生涯研修制度として、薬剤師になった後も定期的に勉強を続け、常に新しい知識を持った薬剤師として医療従事者や患者から信頼され、時代に即した薬学的ケアを行える薬剤師としての成果を証明できる制度になります。

現在、研修認定薬剤師は法的に強制力はありません。しかし将来的には薬剤師の免許更新制度に代わるものになればと期待されているものです。

管理薬剤師の研修は、薬剤師としての上記のような勉強はもとより、日々円滑に薬局や店舗の日常管理業務が行うことができるよう、また患者からの信頼に応えることができるよう、各会社、薬局、店舗等で独自で行われています。

一部の例。
・調剤薬局A
店長や管理薬剤師を対象としたマネジメント研修を実施。各店舗独自の薬局内研修、海外研修など実施。各地の薬剤師会や医療薬学会などに参加し、日々進歩する医学・薬学知識の習得と医療人としての教育を身につけ、薬剤師としての資質向上に努めている。

・調剤薬局B
管理薬剤師研修として、各店舗の管理薬剤師を対象に実施。1年に1回。薬局法規法規改正に伴い、医薬品の取扱いや管理方法なども変わるため、適正な薬局管理を時代の流れに応じて勉強する。

・調剤薬局C
新任管理薬剤師(薬局長)のスキル向上を目的とした研修。エリアマネージャーの指導の下、管理薬剤師としての考え方やスタッフ育成のノウハウなどを学ぶ。各店舗の管理薬剤師が集まり毎月開催されている「管理者ミーティング」にも参加。各店舗の問題点や改善点などについて情報交換、意見交換を行うことにより、自分の店舗のスキルアップにも取り組む。
新任管理薬剤師研修の主なメニュー
○新任管理薬剤師研修
○スキルアップ研修
○顧客ニーズと顧客に提供する価値研修
○管理者ミーティング
○グループ討議
○個別発表会

薬剤師としてスキルが錆びることがないよう勉強することはもちろんのこと、この研修を通して、店舗の管理業務、また店舗のスキルアップ、さらには管理薬剤師の在り方まで徹底的に勉強しています。独自に工夫を凝らした研修は成果が期待できるものと言えるでしょう。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る