1. TOPページ
  2. パート勤務

パート勤務の薬剤師

薬剤師になるにはなかなか大変な壁があります。それは薬剤師国家試験をパスしなければならないということです。受験資格は薬学の正規の課程を卒業した人や卒業見込みの人、または外国で薬学の学校を卒業したり外国の免許がある人などです。受ける試験は必須が物理・化学・生物・衛生・薬理・薬剤・病態・薬物治療・実務などでかなり難しく、合格率はあまり良くないようです。薬剤師は病院でもらった処方箋の薬をもらうのに大事な職業なのですが、人手が少なく、パート勤務の薬剤師さんでも、高給で引く手あまただという話を聞きます。

しかし、パート勤務だとしても、薬剤師の責任は重大です。一般的な企業だと、パートの地位は低く、責任はあまりかからないことが多いですが、人の命にさえ関わる薬剤師にはパートであろうと正社員であろうと責任は重大です。めんどくさがりやルーズな人には薬剤師はちょっと向いていないかもしれません。薬と言うのは人によっては効果がは違いますし、病気によって劇的なものも処方されるので、間違って別の人に渡してしまったり、似たような名前の別の薬を処方してしまったりということになると患者さんの命の危険さえある大事件となってしまいます。

また、小児科の近くの薬局の場合、子供が飲みやすいように液剤にしたり、細かく砕いたり、糖衣をつけたりと様々な工夫をしたりします。このほか、たとえ風邪で大人3日分のAという薬が処方されたとしても子供の年齢や体重などにあわせて調剤しなければならないわけです。

薬剤師でパート勤務をしている人は圧倒的に女性が多くなっています。理由は多くの場合、結婚して仕事と家庭の両立をはかろうとすると、パート勤務が時間に融通がきくので子供のことで仕事もシフトを入れ替えたり休みを入れやすくメリットがあるわけです。そして、免許のいる専門分野なので、薬剤師のパートさんは給料が良いことが一つです。普通のパートをするより、少ない時間で効果的に稼ぐことができますし、扶養控除内で勤務できるように交渉するのもやりやすいわけです。

現在薬剤師のパートを募集しているところは薬局だけでなく全国チェーンのドラックストアなどでも広く募集されているので、見つけやすいと思います。様々なところで募集されているので、一括で見つけるには薬剤師専門の就職支援サイトなどを利用すると、仕事内容も見比べやすく自分の希望する条件も伝えやすくなるのではないでしょうか。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る