1. TOPページ
  2. 自衛隊の募集

自衛隊に関係する薬剤師の募集を探す!

薬剤師と言えば一般の調剤薬局に勤務する場合がほとんどですが、実は一般の医療機関以外でも薬剤師として働ける職場はたくさんあります。その1つが自衛隊の自衛隊薬剤官です。自衛隊の医薬品管理・衛生管理を行うことが主な業務で、薬剤科幹部候補生として入隊することになります。入隊後は駐屯地や自衛隊病院で勤務することなりますが、その前に幹部候補生学校へ1年間入学することになります。

陸・海・空のどこに所属するかにもよりますが、薬剤師と言えども自衛隊には変わりはないので、自衛隊が災害などで国際的に派遣されることになれば、ひとりの自衛隊薬剤官として部隊に着いていかなければなりません。もちろんそこで危険な任務を任されるわけではありませんが、派遣された自衛隊員の健康や現地の衛生管理に従事することになります。自衛隊の一員になるということは防衛省の管轄なので、待遇は国家公務員になります。

自衛隊の薬剤師は、一般的な薬剤師と違って役職も幅広く業務も多いです。どこに派遣されるかは入隊してみなければわかりませんが、国家公務員なので日本全国で転勤の可能性があります。薬剤師は幹部候補生扱いになるので、尉官3尉の少尉からスタートすることになります。給料は階級によって決められていて、知識や体力だけではなく、協調性や忍耐力が問われることになります。薬学修士課程修了すると2尉に昇進することになり、階級的には中尉となります。

自衛隊の場合は薬剤管理業務や投薬指導でも、相手が一般の患者ではありません。勤務する職場が自衛隊病院である場合は、なおさら徹底した管理能力と指導力が必要となります。職場は全て階級で仕切られた縦社会なので、「アットホームな雰囲気で患者に対応したい。」と考えている人には向きません。その代り頑張れば頑張るだけ昇進し、一般的な薬剤師よりも高い待遇を期待することができるので、女性の薬剤官も多く存在します。

自衛隊の薬剤師は、薬剤師専門の転職サービスでも求人募集はされていません。当然のことながら国家公務員なので、民間の転職サービスではなく防衛省で募集されることになります。ハローワークでも自衛官採用説明会などが開かれているので、問い合わせてみて下さい。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る