1. TOPページ
  2. 研究職

研究職の薬剤師

薬学系の6年制大学卒業後、または4年制大学を卒業+修士課程+必要な過程を修了後、薬剤師の国家試験を受けて合格した人は、薬剤師免許を取得することができます。その後の就職先は、薬局や病院、ドラッグストアが多いようです。資格を取得した人にとっては、この資格を生かせる仕事につくことが一番人気のようです。

また、製薬会社などの一般企業や、行政機関に就職する人もいます。公務員試験にごうかくすることで、行政機関にて薬剤師として働くことができます。製薬会社などに就職した場合、医薬情報担当者と呼ばれる職種のMR、DI職、管理薬剤師、CRO、SMOなどがあります。

このほかに、一般企業で働く職種として研究職や開発職があります。薬品の開発のため、基礎研究、新規物質の発見、臨床試験、安全性・有効性の研究などを行います。

国立大学や有名私立大学の4年制の薬学部に進学し、その後、修士課程に進学する人は、薬剤師を目指すよりも、研究職を目指す人が多いようです。6年制の薬学部は、薬剤師として仕事をするために最新の医療に参加しながら知識や実習を学び、医療現場で働くことを目指す人が進む道として適しています。それに対して、薬の開発や研究を専門的に行うための化学的な知識、実験技術の習得を目的として、薬に関する専門家、研究者を養成するには、4年制の薬学部は適しています。

研究職を目指すのなら、さらに大学院へ進学し修士課程を修了することが必須となってくるのが現状のようです。薬剤師として様々な業務がある中で花形ともいえる薬品の研究職ですから、人気があるうえに、能力のある限られた人しかなることができない狭き門であると言えます。修士課程を修了している人がほとんどであるため、4年制大学卒業後に研究職に就くことは、さらに難しくなることが予想されます。

研究職としての就職先は、製薬会社が主ですが、他にも大学、研究所、化学メーカー、化粧品メーカー、食品メーカーなど様々あります。外資系の会社の研究職も就職先として挙げられます。外資系の製薬会社には、世界中で名の知れている大手の企業もありますから、人気の就職先の一つとも言えます。外資系の場合は、薬学の知識と技術だけではなく、英語力を必要とするところもあるようです。その中には、外資系だけど日本の法人として研究職を募集しているところもあるので、英語力がなくても関係ないというところもあるようです。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る