1. TOPページ
  2. 製薬会社の年収

製薬会社の薬剤師の年収

薬剤師さんが社会で働く場所というと、調剤薬局や病院、ドラッグストアなどがありますが、この他、製薬会社という選択肢があるのをご存知でしょうか。製薬会社で働く場合は、薬の研究開発に携わる研究職とその企業の製品である薬を販売する営業職があります。研究職では薬剤師の資格を活かし、薬剤師元来の薬を扱う仕事になります。こうした研究職の求人数はわずかですし、求人があったとしても採用人数も1名〜ごく数名という狭き門です。製薬会社の採用、新卒採用はほぼ営業職採用というのが実状のようです。

製薬会社の営業職は、高収入の傾向にあります。営業職ですから、実際の給与は個人の営業成績によって差が出ますが、年収600〜800万円といったところが相場のようです。一般的なサラリーマンに比べやはり高水準の給与が約束されています。給与が高水準という事はそれに見合った仕事が課せられるということを意味しています。製薬会社での営業の仕事は、それなりの営業成績を求められることになるでしょう。一般的な営業同様、成果主義を求められる傾向にあります。

製薬会社で営業職として働く場合、薬剤師の資格は必要ありません。薬剤師資格をもっている薬剤師さんにとっては、せっかく取得した資格を活かせないと思ってしまうかもしれません。しかし医薬の専門知識、薬剤師の知識があるということは、営業にプラスになります。営業先は、病院、薬局などになるわけですから、先方の立場にたった営業活動ができることになります。相手の立場に立ち、相手から賛同を得られれば、営業成績のアップにつながりやすくなります。知識、教養は邪魔をしませんから前向きにとらえると良いかと思います。

また製薬会社の営業職を選ぶ際、自らが営業に向いているのか判断するということもあります。これは実際に働いてみないとわからないというかもしれませんが、自分の長所・短所を客観的に把握し、求人先の企業カラーや営業の仕事内容、職場の雰囲気を聞くという事前準備をおこなうことで、ある程度判断する事ができるでしょう。薬剤師専門の転職サイトであれば、こうした事前のサポートやアドバイスを無料で受けることが可能です。製薬会社への転職事情、これまでの数多くの事例などを聞く事もできます。登録から転職成功まですべてのプロセスを無料サポートしてもらえるので安心です。まずは、インターネットの薬剤師転職サイトへアクセス、無料登録してみましょう。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る