1. TOPページ
  2. 転職動向

薬剤師の転職動向の事情

看護師と同じように人手不足と言われている薬剤師ですが、転職事情はどうなっていると思いますか?一般的な調剤薬局・ドラッグストアに勤務する場合は、夜勤や宿直などのハードな勤務はありません。調剤薬局なら外来のみの対応なので、医療機関の外来診療時間を大幅に越えて残業することも多くありません。また、ドラッグストアの場合も、決められた時間で勤務すれば問題ないわけです。

「それなら薬剤師は転職する理由がないでしょ?」と思ってしまいますが、同じ調剤薬局でも勤務に負担が残る職場は存在するのです。それが総合病院や大学病院にある院内薬局です。最近はほとんどの医療機関で院外処方を取り入れているので、患者は長時間待つことなく、自宅の近所の薬局で処方してもらうことができます。でも、総合病院や大学病院などの入院施設で処方されるものは、院外処方箋を使用するわけではないので、24時間・365日薬剤師が交代で待機する必要があるのです。

処方箋を書くのは医師ですが、薬を調合するのは薬剤師です。そのため医療機関の救急日に当ってしまった場合は、救急外来でも待機しておかなければならないのです。医療機関の診察では、薬の処方は最後。つまり医療機関によっては、薬剤師はいちばん最後まで勤務していなければならないところもあるのです。救急日には夜勤や宿直もあるので、大きな医療機関では看護師と同じようにシフトが組まれている場合もあります。

出産や育児で退職しても再就職できる職業ですが、家庭を優先させるためには、夜勤のあるシフトはなるべく避けたいのが本音でしょう。できれば朝から夕方まで勤務。そうなると院外調剤薬局やドラッグストア勤務へ転職するのがベストです。もっとスキルUPしたい。専門知識を深めたいという人は、薬品メーカーなどの一般企業へ転職するという方法もあるので、薬剤師専門の転職サービスを利用すると良いでしょう。

薬剤師=医療機関の薬局に勤務するイメージが強いですが、実際には医療機関以外にも条件の良い職場はあります。もちろん医療機関の中でも勤務条件の整っているところはありますが、ハローワークなどの求人情報には詳細が掲載されていないので、勤務形態や環境などを把握することはできません。そこで薬剤師の求人情報を専門的に扱っている転職サービスがお勧めなのです。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る