1. TOPページ
  2. 大学病院給料

大学病院の薬剤師給料

薬剤師には様々な勤務場所、職種があります。その中でも病院の薬剤師は一番スキルが活かせるし、やりがいもある仕事です。けれども、給料の面で見ると、一番低いと言われています。病院薬剤師の平均年収は400万~650万円ほどと言われていて、調剤薬局やドラッグストアで勤務する薬剤師よりも少ない場合が多いようです。国立の病院に勤める公務員薬剤師は、国の機関である人事院が毎年給料を決定しますが、もうすこし高くなるようです。

病院薬剤師は、主に入院患者に対しての調剤を行います。医師や看護師と共にカルテを見て、患者さんに接し、患者さんに薬の使い方や効果、注意点などを伝えます。また、患者さんからの相談にも応じます。このように患者さんと接する機会も多く、医師や看護師とも多く接することから、コミュニケーション能力が求められます。

その他の仕事として、患者さんの薬歴を管理して、アレルギーや副作用に注意をし、複数の診療科にかかっている場合は、他の薬との飲み合わせにも注意しなければなりません。最も効果が強い薬である注射薬の投与量、経路、速度、期間などを管理し、調剤を行います。医薬品の購入と管理、保管を行います。薬剤を使用するうえで、しっかりとしたデータをとるために、医薬品の様々な試験を行います。また、薬の専門家として効果や副作用の情報を収集、整理して管理をし、最新情報を的確に伝える役割もあります。医療チームの一員として、カンファレンスに出席することもあります。夜勤や当直がある場合もあります。

このように、院外薬局と比較すると、仕事の内容は多岐にわたり、総合的な医療を行う仕事となるのです。やりがいの感じられる仕事と言えるし、働きながら最新の医療設備が整った環境で、高度な知識と技術を学び、自分のスキルをアップできる仕事です。大学病院では、医療機関として診療を目的とした機能がある他に、教育機関としての役割もあります。また、研究の部門に力を入れているところも多いでしょう。高度な治療を行うため、他の一般病院では対応しきれなかった治療の難しい患者さんも訪れます。そのため、より高度な医療技術、設備に触れることができるでしょう。

大学病院で勤務する薬剤師の給料も、他の一般病院と大きな差はないようです。首都圏や都市部にある大学病院よりも、地方にある大学病院の方が病院薬剤師の給料は高くなるケースもあるようです。薬剤師不足であることから、仕事量が増え業務がハードになることや、人材を確保するために待遇面を良くする対策が取られているためです。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

▲このページの先頭へ戻る