1. TOPページ
  2. 業務内容

薬剤師の業務内容

薬剤師の業務内容として最も代表的なものが「調剤」になります。病院やクリニックから発行された処方箋のとおりに薬剤を計量し、提供します。しかし、ただ薬剤を提供すればそれでいいというわけではありません。患者に対し薬剤を提供する際にも、服薬に関する指導を行ったり、アレルギーの有無を確認するなど、細かい業務がそこには含まれています。

また、他の病院などにかかっていて他の薬が処方されている場合には、医師への確認を行うなどもしています。また、薬剤を提供する前に、どのような症状が出ているのか聞くこともあり、薬剤師は薬のプロとして様々な業務を行っているのです。他にも、「医薬品の供給」として医薬品製造から輸入、販売などには必ず薬剤師が関わることになっていたり、「薬事衛生」としては、日常生活での薬の使用に関する相談を受けるなどを指します。

薬剤師の活躍の場は、何も薬局だけとは限りません。例えば、病院勤務の薬剤師、薬局勤務の薬剤師、企業の薬剤師、学校薬剤師、卸売業勤務の薬剤師、行政機関の薬剤師などがあります。みな、それぞれに薬剤師として十分に活躍できる場ですが、業務内容はそれぞれに若干異なってきます。

例えば、学校薬剤師が、日常の業務の中で調剤を行う事はありませんし、卸売業の薬剤師が医療チームの一員として活躍する事はありません。ですが、薬剤師としての根本にあるものは「調剤・医薬品の供給、その他の薬事衛生をつかさどる事によって、公衆衛生の向上および増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保する」という薬事法の理念です。このように、薬剤師と一言で言っても、その業務は多岐にわたっており、「薬剤師になりたい」といった漠然とした夢を持っていた人には、意外と写るかもしれません。

また、そういった夢をもって薬剤師になったものの、何となく現実は違う・・・といった人もいるかもしれません。こうした事から、転職を考える薬剤師も少なくありませんが、実際の転職となると、何をどうしたらいいのかわからないという人も多いでしょう。どの業務なら希望にピッタリ合っているか、キャリアにあったものはどういった業務か・・・など、自分ではわからない事もあるでしょう。そんな時、マイナビ薬剤師のような転職エージェントのコンサルタントなら、プロの目で見て、的確な判断をしてくれるに違いありません。新しい環境でのスタートが失敗ではなく成功になるよう、多数の実績を持ったプロに見てもらいましょう。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

条件に合った薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
マイナビ薬剤師の無料登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
エムスリーキャリアの無料登録はこちら
▲このページの先頭へ戻る