1. TOPページ
  2. 労働時間

薬剤師の労働時間

薬剤師の労働時間は、たいていが1日平均8時間と言われています。ですが、実際には毎日残業があるなどして、それ以上に働いていると言えるようです。また、勤務先によっても異なるのですが、小さなクリニックの近くにある調剤薬局などでは、そのクリニックの診療時間に合わせていることもあります。

例えば午前中は12時までの診療、午後は3時からといったクリニックのそばにある調剤薬局ならば、同じ時間帯で営業しているといった具合です。同じ1日8時間勤務でも、このような変則的な時間帯での営業の場合には、終了時間が遅くなるなど、薬剤師にとっては少々きつくなってくると言えます。薬剤師の多くは女性である事を考えると、出産や育児を終えた薬剤師の場合には、長時間勤務になることに抵抗を感じる人もいるかもしれません。このような事がきっかけになり、転職を考える人もいるでしょう。

そのような場合、転職エージェントを利用してみるという方法があります。マイナビ薬剤師やDODA薬剤師のような大手転職エージェントには、様々な、非常に多数の求人情報が寄せられています。これらを見比べてみると、非常に条件の良い求人情報や、高待遇が約束されているようなものまであるのです。まずは転職エージェントに登録を済ませて、自分の目でそれらを見比べてみてはどうでしょう?驚くほど好条件や高待遇の職場を発見できるかもしれません。

また、自分の力で見つける事が困難だったり、時間がないといった場合にも、プロのコンサルタントが徹底した調査を行った上で、条件にあったものを提案してくれますから安心です。自力での転職先探しともなると、時間がかかるだけでなく、多数ありすぎて、どれを見比べたらいいのかわからなくなるといった事も起こります。しかし、冷静な目で見てくれるコンサルタントなら、重要なポイントがわかっていますから、そのような事が起こりません。そして、客観的な目で見て、キャリアにあったものを提案してくれるはずですから、間違いがないのです。もちろん、そうした中にも希望条件が揃うよう、配慮されています。

女性が多い薬剤師ですから、労働時間が長すぎるのが苦痛だと言う事も、コンサルタントはきちんと理解しています。一歩前に出て、色々見比べてみる事が、最も重要です。視野が広がり、活躍できる転職先がきっと見つかるはずです。迷っているのなら、転職エージェントに登録してみることから試してみましょう。

※当サイトでご紹介している薬剤師転職支援サービスは、専任のコンサルタントがおり、転職のサポート、アドバイスをしてくれる支援サイトばかりです。中でも人気なのが「マイナビ薬剤師」です。人気の理由は、応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入社日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、コンサルタントがあなたに代わって行ってくれるからです。さらに面接対策や応募書類の添削などもサポートしてくれます。

▲このページの先頭へ戻る